80歳代で24本の歯を失っているという結果が出ています

8020運動(はちまるにいまるうんどう)とは、 満80歳で20本以上の歯を残そうとする運動のことです。この運動は、厚生労働省や日本歯科医師会により、推進されております。
20本以上の歯があれば、食生活にほぼ満足することができるとされています。では現実はどうでしょうか?

歯医者 器具

北欧では8020がごく一般的になっているにもかかわらず、日本では「予防歯科」という概念が遅れているため、 全国調査では1人平均40歳代で3本、50歳代で5本、60歳代で12本、70歳代で20本、80歳代で24本の歯を失っているという結果が出ています。

超音波スケーラー 家庭用

歯が20本以上残っていることにより、噛めるということだけでなく、噛むという脳への刺激により、 20本以上の歯を持つ高齢者はそれ未満の人に比べ、活動的で、寝たきりとなることも少ないなど多くの報告がされております。では何故、年齢を重ねるごとに、歯を失ってしまうのでしょうか?若いうちに歯を失う原因は虫歯がまずは挙げられます。中高年以上になってきますと、 歯周病で歯がぐらぐらになってしまうのです。

http://www.musublog.jp/blog/pinshi000/

ブラッシング指導

お口の中の環境は一人ひとり違うもの。そのためブラッシング方法も一人ひとりに合った方法で行わなければ意味がありません。当院ではみなさま一人ひとりのお口の中を検査し、一人ひとりに合ったブラッシング方法を指導。毎日正しくブラッシングしていただくことで、より効果的な予防ケアを可能にします。

 

フッ素

歯の表面では、ミネラル分が溶け出したり結晶化したりする再石灰化を繰り返しています。この再石灰化が間に合わずミネラル分が溶け続けると、歯の表面に穴があき虫歯ができてしまいます。予防ケアでは歯の表面にフッ素を塗布することで、歯質の強化を行っています。フッ素にはミネラル分が溶け出すのを抑制し、再石灰化を促す働きがあるため、よく用いられる効果の高い予防方法です。

 

PMTC

虫歯や歯周病の原因の一つは、プラーク(バイキンのかたまり)ですが、どんなに隅々までブラッシングしたつもりでも、歯と歯の間や歯と歯ぐきの間のプラークはなかなか除去しきれません。そこで虫歯や歯周病予防に効果的なのが、PMTCです。PMTCとは、歯科医師や歯科衛生士が専門の器具を使って徹底的に歯をクリーニングすることで、今まで磨き残しとなっていたプラークをすべて除去できます。

 

Comments are closed.