高度な歯周病治療を行うことによって進行を食い止めることができます

日本人成人の約80%以上が歯周病といわれています。もはや国民病ともいえますが、早期発見・早期治療で完治できます。それだけではなく、重度の歯周病であっても、歯周外科や再生療法など高度な歯周病治療を行うことによって進行を食い止めることができます。

 

歯垢が石灰化し歯石になると、歯と歯肉の付着部分に隙間(歯周ポケット)ができます。炎症が歯肉内部に進むと、歯根膜や歯槽骨が破壊されて歯を固定する力が弱まり、放っておくと最終的に歯を失います。近年の厚生労働省の調査では、成人の約7割が歯周病にかかっているという結果が報告されています。歯周病の症状は、最初はこれといった症状はほとんどなく、末期近くなって症状が現れ既に手遅れの場合がほとんどです。軽度のものも含めると、40才以上では5人中4人は歯周病にかかっていると言われます

エアーモーター

誰でも歯磨きが上手にできないで、歯垢が付着したままにしていると歯肉炎になりますが、そのまま長い時間が経過すると歯肉炎が進行して歯周炎になります。歯周炎になりやすいかどうかは細菌への抵抗力や細菌の種類などが複雑に絡んできますが、全体的には個人差があり、遺伝も関与する可能性があります。はっきりいえることは歯周炎は歯肉炎の進行型であることと、口の中が不潔な人ほど歯周炎になりやすいということです。

 

http://kiki.jimab.net/

歯周病には大きく分けて、歯肉炎と歯周炎の2つがあります。

歯肉炎

歯肉炎とは、歯周ポケットに歯垢が溜まり、歯茎に炎症が起き出血を伴ったりする症状です。初期段階なら歯垢(プラーク)や歯石をとって、毎日正しいブラッシングを続けることで改善するので、歯科医院で正しいブラッシング法を指導してもらいましょう。歯のクリーニング「PMTC」も、症状改善に効果が期待できます。

歯周炎

歯周炎とは、歯肉炎が悪化して歯茎の奥まで炎症を起こしている状態で、最悪の場合歯が抜け落ちてしまいます。見た目で腫れがわかるほど進行すると、歯がぐらぐらと揺れるようになり、ちょっとしたことでかなりの痛みを感じるようになります。あまりにも悪化すると、外科手術が必要になることもあります。

マイクロスコープ 歯科

治療方法について

主な歯周病の治療方法をご紹介いたします。

 

プラークコントロール

プラークコントロールとは、歯周病の原因である「歯垢(プラーク)=歯周病菌」の増殖を抑えることに重点を置いた予防・治療法です。正しい歯磨きや歯間ブラシ、デンタルフロスなどを使用したプラークコントロールが歯周病予防、治療の基本になります。スケーリング&ルートプレーニング歯石・歯垢(プラーク)を除去し、再び付着しづらくする治療法が「スケーリング&ルートプレーニング」です。日常の歯磨きでは取り除けない歯石や歯垢(プラーク)を除去することで、歯周病の進行を抑え症状を改善させます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *