顎関節症の症状について

ピーナッツやスルメを食べている時、あごのだるさを感じたり、疲れたりすることはありませんか?そのだるさがひどくなって、あごを動かす時痛みを感じるようになったり、口が途中までしか開けられなくなったりすることがあると思います。このような日常のちょっとしたタイミングで顎の病気は出現します。

家庭用超音波スケーラー

時として、この状態を放置すると『口をあけようとすると痛い』『顎を動かす時カクンカクンと音がする』『あまり大きく口があかない』といった症状が固定してしまいます。原因はいくつかあり状態も異なりますがまとめて顎関節症と呼んでいます。

 

顎関節症

顎が「カクカク」と鳴る、顎に痛みがある、口が開けづらい、食べ物を噛んでいると顎がだるくなるなどの顎の不調が長期的に続く症状を総称して顎関節症といいます。放っておくと顎だけでなく、身体にも悪影響をおよぼすことがあります。

顎関節症によって引き起こされる症状

 

肩こり

顎関節の異常によって、肩の筋肉にまで負担がかかることによって、肩こりの症状が現れることがあります。

 

耳の痛み
口を開けるたびに耳が痛くなることがあります。「カクカク」「シャリシャリ」といった音がすることも。

パルスオキシメーター

頭痛

慢性的な頭痛が続き、頭痛薬を飲んでも治らない場合は、顎関節の異常が頭部に負担をかけている可能性があります。

 

スプリント療法

顎関節および関連する筋組織の疼痛および機能障害に対して、生理学的管理法であるスプリント療法がよく用いられます。この方法は通常、硬性アクリルレジンで製作し、上顎あるいは下顎歯列に装着する咬合面間装置であり、顎関節や筋への負担を軽くして歯ぎしりや食いしばりの害を緩和する効果があります。

 

薬物療法

初期治療として薬物療法をおこないます。内服薬としては鎮痛剤、軽い筋弛緩剤、穏和精神安定剤を症状に応じて投薬します。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *