近年の厚生労働省の調査によると、「成人の約8割が感染している」という歯周病

40才以上では5人中4人は歯周病を患っているともいわれています。歯周病は、歯垢が石灰化して歯石に変わることで、歯と歯肉の間に歯周ポケットと呼ばれる溝ができ、その中に細菌が溜まり始めることが原因となっています。

http://blog.goo.ne.jp/geenaakusesari

溜まり始めた細菌によって歯肉が炎症を起こし、歯周ポケットの奥深くまで広がると、歯根膜や歯槽骨が細菌によって溶かされ、歯を支えきれなくなってきます。そのまま放置しておくと、最終的に歯を失ってしまう意外と怖い病気なのです。実は歯周病の初期段階で、自覚症状を持つ方はほとんどいません。

超音波スケーラー

症状が現れたころには、歯周病はかなり進行した状態であり、既に手遅れというケースがほとんど。そうなる前に、早期発見・早期治療を心がけ、大切な歯を歯周病から守りましょう。

 

歯周病はどうして起こるの?

歯周病の原因はいろいろ考えられますが、一番の原因は歯の汚れ(=歯垢)と言えます。歯垢(食べカス)が歯と歯ぐきのスキ間にたまると、その中にいる細菌が増殖して歯周病になります。その他にも、噛みあわせや歯並びの不具合、過度の歯ぎしりや精神的なストレス、生活習慣の悪化(喫煙など)なども歯周病の原因と考えらています。

 

歯周病に年齢は関係ありません

歯周病は、中・高年以降の人に多く、軽度の歯肉炎まで含めますと成人の9割近くが歯周病と言われてます。また、お菓子や清涼飲料などを多めに摂取する子どもにも歯周病が多く見られます。そのため、将来の健康な歯を手に入れるため、若い時から歯周病の進行を予防していくことが大切になります。

生体情報モニター

歯周病になるとどんな症状がでるの?

歯を磨くと血が出ている。

ときどき歯ぐきが腫れている。

口臭が出る。

歯ぐきが後退し、歯が長くなったように見える。

歯と歯の間に隙間ができて、食べカスが入りやすくなる。

歯が動くようになり、以前より噛めなくなる。

歯がグラグラになり、最後には抜けてしまう。

 

Comments are closed.