親知らずとは、前歯から数えて8番目の歯のこと

生える人と生えない人がおり、生える時期は10代の後半から20代の前半と、人それぞれ異なります。かつては普通に一番奥の歯として生えていましたが、食生活の変化で噛むことが少なくなったことにより顎が小さくなった現代人には すべての永久歯が生え揃うスペースがないため、斜めや重なって生えたり歯ぐきの中に埋まったりしていることが多いのが特徴。

 

そのため痛みを伴うなど、少し厄介な歯なのです。親知らずが正しく生えている場合には問題ありませんが、多くの場合、さまざまな悪影響を体に与えるおそれがあるため、抜歯の対象になります。

 

親知らずの抜歯が必要な理由には、次のような悪影響があるためです。

1斜めに生えた親知らずが手前の歯を強く押すことで、歯並びを乱してしまうことがあります。

 

2親知らずが手前の歯より出てくると、顎の動きをジャマするようになり、顎関節症になることがあります。

 

3斜めに生えていたり重なって生えていたりしている親知らずは、歯ブラシが行き届かないため、適切な歯みがきが行えません。そのため、親知らず自体はもちろん、その手前の歯も巻き込んで、虫歯にかかってしまうことが多いのです。 また歯ぐきにも炎症を起こすため、歯周病にもなりやすくなります。

Comments are closed.