裏側矯正とは、文字通り歯の裏側に装置をつけて行う矯正治療です

矯正治療とは、悪い位置にある歯を顎の骨の内で少しずつ動かしたり、あごを良い方向に動かしたりして、正しい歯並びや噛み合わせを作る治療です。歯並びが悪いと、見た目の印象が損なわれるばかりでなく、噛み合わせが悪くなり虫歯や歯周病の原因にもなります。子供でも大人でも矯正治療は行えますので、早目に治療されることをおすすめします。

歯科治療器具

初診診断

歯並や矯正治療に関するお悩みをお聞きします。矯正治療についてのおおまかな説明、治療期間、費用などのお話をいたします。

 

精密検査

診断に必要な顎や横顔のX線撮影、お口の中の写真撮影、問診等を行います。

 

検査結果と治療計画のご説明

精密検査で得られた診断結果に基づいて、治療計画、使用する装置、治療期間や治療費について詳しく説明をいたします。

 

治療

矯正装置を口腔内に装着して歯を動かし、段階的に治療を進めていきます。装置の装着後は定期的に通院して頂き、治療を行っていきます。

超音波スケーラー

保定期間メインテナンス

移動した歯が骨の中で安定するまで、取り外しの保定装置を用いて歯列、かみ合わせを安定させます。定期的に来院していただき、チェックや歯のお掃除等のメインテナンスを行います。

 

マウスピース矯正とは、透明なマウスピースのような装置をはめて歯を動かしていく矯正治療です。マルチブラケットのように針金やブラケットは使いません。マウスピース矯正には多くのメリットがあります。

 

ワイヤー矯正とは、歯の表面に『ブラケット』と呼ばれる装置を特殊なボンドで貼り付け、そこにワイヤーを通して正しい位置に歯を少しづつ動かしていくもっとも一般的な歯列矯正治療法です。今までは金属製のブラケットを歯に装着することから、審美面を気にする患者さんなどを中心に敬遠されがちでしたが、最近では、セラミックやプラスチック製の透明なブラケットを使用することで目立ちにくい矯正歯科治療を選択することも可能となりました。

 

裏側矯正とは、文字通り歯の裏側に装置をつけて行う矯正治療です。裏側に装置をつけるため、周りの人に気づかれずに矯正治療を行うことができます。

 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *