虫歯予防の基本、原点でもあります

歯周病は、現在の日本において約8割の人がかかっている、またはその予備軍といわれている、歯を失う原因の第1位の病気です。『スケーラー

みがき残した歯垢や歯石の中にひそむ歯周病菌が歯周組織に炎症を起こし、最終的には歯ぐきや顎の骨を破壊してしまう歯周病。

「沈黙の病気」ともいわれる歯周病は、初期段階では自覚症状がなく、気がついたときには症状が進行しているということがよくあります。また、そのままにしていると、顎の骨が溶けることにより歯が抜けてしまうこともあるのです。

不幸にも歯を失ってしまった時、これまではブリッジ(歯と歯に橋をかける治療方法)や入れ歯によって補われていましたが、インプラント治療では人工の歯根を埋め込むことで自分の歯のように自然な噛み合わせが実現でき、見た目も天然歯のように美しいのが特徴です。『小型エアーコンプレッサー

なぜインプラント治療がよいのでしょうか?従来の入れ歯やブリッジでもいいのではないか?とお考えの方もいらっしゃると思います。 インプラント治療を勧める一番の理由は、従来の方法では失われた歯根までは回復できないからです。

インプラント治療なら骨に埋まったインプラントが骨にしっかり結合しているので、噛む力も天然歯と比べて遜色ありません。 基本的にインプラントはチタン製ですので、欠損したり腐食したりすることは殆どありません。一本か数本、あるいはすべての歯を失った場合にも、半永久的に新しい歯を得る方法として効果的です。『口腔内カメラ

歯が割れており、しばらく様子を見てから抜歯することになるといわれたという。”破折歯は抜歯”というのが標準的な処置になっているのは確からしいが、我が国ではかなり以前から、抜歯せずに破折歯を接着して保存する処置を実践している歯科医がいることを知っているし、インターネット上でもそうした治療について言及している歯科医院もわずかではあるが散見される。

歯の再植は外傷などで健全な歯が脱臼した場合に行う処置で、歯そのものに問題がある場合には適応外です。また、他の歯に対する感染等の心配は必要ありません。インプラント治療は健全な骨にチタン製のインプラントを埋め込む方法です。抜歯と同時にインプラントを埋入する即時埋入という方法もありますが、慢性炎症によって骨の吸収がある場合には不適です。したがって、ごく一般的な抜歯後、骨の治癒をまってから行う方法が最適だと考えます。インプラント治療には1回法と2回法がありますが、ブラッシングに問題がなければ1回法でもよいと思います。『オートクレーブ
【抜歯した場合】
1. 抜歯した後、そのまま
2. 部分入れ歯を入れる
3. 手前の歯を支えにして「延長ブリッジ」
4. インプラント(人工歯根)を植える
【近心根だけを分割抜歯した場合】
1. 遠心根と手前の歯とで「ブリッジ」にする
2. 遠心根を単独で修復し、隙間を部分入れ歯・・・ にはしないか
ここで問題なのが、折れてしまった歯が何とかならないものだろうかと考え、抜歯をためらい、時間が経過してしまうことです。破折したままの状態でいると破折した部分から感染が起こり、超音波スケーラーは必要で、周囲骨の吸収が起こります。骨の吸収が大きく起こるとその後にインプラントを埋入する場合に非常に不利な状態になります。もし、歯根破折と診断された場合には早期に対処(抜歯となることが多い)する必要性があります。『マイクロモーター