虫歯の原因になります

入れ歯、また義歯と呼ばれます。紀元前700年ごろ、北イタリアのエトルリア人は、人間の歯や動物の歯を使って義歯を作っていました。これはすぐ劣化するが製造が容易であり、19世紀中ごろまで広く使われた技法になりました。入れ葉は自分の歯ではないため、洗浄剤を毎日使わないと入れ歯にカビが生えてきます。口の中は適度な温度と水分でカビが発生するには最適な環境で、お風呂場に似た状態です。入れ歯には人工の歯の凸凹や細かい傷があり、ブラシで磨いただけではカビを落とすことができないため毎日入れ歯洗浄剤を使ってカビが生えてこないようにする必要があります。『超音波スケーラー

口の中にはカンジダ菌がよくあります。唾液の殺菌力により、カビ菌が増えるのを抑えています。入れ歯による唾液の流れが悪くなってしまい、口の中の細菌が生じます。増えたカビ菌は歯茎に入り込み、歯茎や入れ歯の痛みの原因になります。『生体情報モニタ

入れ歯を入れ歯洗浄剤できちんとにしておかないと、口の中のヌルヌルした歯垢が入れ歯に付いて、発酵したら口臭が出ます。入れ歯に付いた細菌は入れ歯を乾燥させてしまうと、落ちにくくなり、そして、細菌がどんどん増えてきて、口臭は一層厳重になります。『マイクロモーター

残っている歯を磨いても入れ歯に細菌が付いていれば、歯に感染させ、虫歯の原因になります。特に、入れ歯で口中唾液の流れを悪くさせて、歯の再生を阻止するようになります。ですから、その点から見ても、入れ歯をきちんと専用洗浄剤で洗った方がおすすめします。『オートクレーブ

以上のように、入れ歯をちゃんと清潔しないと、虫歯や口臭などの原因になっただけではなく、厳しい場合は歯周病になります。歯が残っている場合、入れ歯のフックの土台として使います。歯は負担が過剰になっています。そこに入れ歯の細菌が入り込むと、歯は歯周病で揺れ始めてしまいます。残っている歯をできるだけ長く残すために、毎日入れ歯洗浄剤を使う必要があります。『小型エアーコンプレッサー