虫歯という名前の由来ですが、虫が歯を食べると考えられていたことから虫歯と呼ばれるようになりました

虫歯は虫歯菌が引き起こす病気であると言われています。歯の表面は硬いエナメル質でできていますが、虫歯菌が出す酸性物質がエナメル質の表面を溶かすことにより虫歯になります。

歯科器具中古販売

歯の表面のエナメル質は食事の度に自然に溶け、唾液で再石灰化し、修正されます。そのため、ダラダラとした食事や間食、甘いものを食べるのが好きな人は虫歯になるリスクが高くなります。また、唾液の質にも大きく影響されます。唾液の量が少ない人は虫歯になりやすいといわれています。歯磨きは大切ですが、唾液の量が少なかったり、よく間食をする人は虫歯になりやすいのです。

 

虫歯は治療が必要なの

虫歯は放置するとどんどん進んでいくため、早期発見・治療が必要です。治療中の痛みを軽減するために、表面麻酔の塗布後に麻酔注射をする方法や、細い麻酔針を使う方法などもあるので安心です。なお、治療方法には保険適応のほか、一部保険適応、自費診療があります。

 

C1の段階

自覚症状はほとんどなく、エナメル質という歯の一番表面にある部分に虫歯ができた状態の事をいいます。 自分ではなかなか見つけられない歯の溝や歯と歯の間に良くできることがあります。

オートクレーブ

C2の段階

エナメル質よりさらになかにある象牙質まで虫歯が進んだ状態の事をいいます。 この象牙質はエナメル質よりも柔らかく、虫歯の進行が早い部分です。 甘いものや冷たいものがしみて痛いと感じることがあります。

 

C3の段階

象牙質をつきぬけて歯の中の神経まで虫歯がとどいている状態です。 食べ物が虫歯の穴の中に入るとズキッと痛くなったり、冷たいものを口にすると痛みが増幅したり、何もしていない時にも痛みを感じることがあります。

 

C4の段階

歯の中の神経が死んでしまい、歯の根を通って根の先端の方まで細菌が入ってしまった状態です。 放っておくと根の先の方に膿の袋ができたり治療も難しくなります。 ここまで進んでしまった虫歯は嘘のように痛みがなくなります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *