虫歯で歯がなくなり、根っこだけになった状態です。

一般歯科では主に、虫歯や歯周病(歯周炎・歯肉炎)の治療を行います。歯の痛みなどを感じたら当院にご相談下さい。歯周病治療では丁寧な歯石取りを行い、歯周病の予防も含め治療を行っております。重度の歯周病の方でも、なるべく抜歯せず自分の歯を残しながら元の健康な状態に近づけることが可能です。

歯科レントゲン

虫歯とは、虫歯菌が糖を酸へ変えてしまうことで歯が溶かされてしまう病気です。
虫歯により穴があいてしまった歯は自然に元に戻ることはありません。そのため日々のブラッシングやしっかりとした虫歯予防を行うことが大切であるとともに、早期発見・早期治療が大事です。当院の虫歯治療は、可能な限り健康な歯を残し、なるべく抜かないようにするとともに、治療の内容をきちんと説明致します。また、虫歯予防・早期発見のために定期的な歯科健診を行うなど虫歯の再発・予防に力を入れております。

 

C0(初期虫歯)

歯の表面が溶け始めた状態で、自覚症状はありません。

C1

初期の虫歯で、痛みはありません。

C2

虫歯が象牙質まで達すると進行も早く、神経に近づくにつれ、冷たいものがしみ、痛みを感じます。

C3

虫歯が神経まで達した状態で、熱いものがしみたり、何もしないのに激しい痛みを伴います。

C4

虫歯で歯がなくなり、根っこだけになった状態です。

 

スリーウェイシリンジ

C0の虫歯ですと、フッ素入り歯磨きを使い再石灰化させることが可能です。しかし、自覚症状がほとんどないため、歯科検診を受けていないと気づかれることが少ない虫歯です。

C1~2の虫歯になると「歯がしみる」などの自覚症状があります。虫歯を綺麗に取り除き、詰め物を行います。

C3の虫歯では、虫歯が神経まで達している状態で、自覚症状として激しい痛みなどがあります。根管治療を行い、歯の根の奥まで達している虫歯菌を綺麗に取り除き、虫歯の大きさに合わせ、詰め物やかぶせものを行います。

C4の虫歯になると、虫歯が歯の根元まで進行し、歯茎から上の歯がほとんどなくなっている状態です。根管治療を行い、被せ物を行いますが、虫歯菌が深いところまで進行していると、場合によっては抜歯が必要な事もあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *