虫歯で大切な歯を失わないために

「歯が痛む」
「冷たい物や熱い物がしみる」
「歯の表面が白く濁ったり黒ずんだりしている」

このような症状がある場合は、虫歯になっている可能性があります。虫歯は初期段階では自覚症状がほとんどなく、症状が出た段階ではすでに進行していると考えられます。虫歯は早期に治療を行うことで患者様の負担が減り、時間も費用も抑えることが可能です。

歯科器具

虫歯にならないために

虫歯は予防できる病気です。お口の健康を守るためには、虫歯になってから「治療」するのではなく、虫歯にならないように「予防」することが大切です。

 

虫歯の原因はひとつではなく、複数の要素が重なることで発症するリスクが高くなります。そのため、原因となる要素を取り除いていくことで虫歯の発症・再発を抑えることができるのです。以下が、虫歯の原因となる主な4つの要素です。虫歯予防のために、虫歯になる原因について理解しておきましょう。

 

虫歯の原因となる4つの要素

 

糖質

ミュータンス菌は、食ベカスに含まれる糖質をエサにして酸をつくり出し、その酸によって歯を溶かします。ブラッシングなどで栄養源となる食べカスを取り除くことが、虫歯予防につながります。

オートクレーブ

虫歯菌

口腔内には3億以上の細菌がいると言われおり、虫歯の直接的な原因となるミュータンス菌なども潜んでいます。虫歯菌がたくさん潜んでいるプラークをきれいに取り除くことで、虫歯は予防できます。

 

歯質

歯そのものの質(歯質)によっても虫歯のなりやすさは変わります。歯質は遺伝や病気、歯が出える時期の栄養状態などに影響されますが、フッ素塗布などによって虫歯になりにくい丈夫な歯をつくることはできます。

 

時間

歯に糖質が付着している時間が長ければ長いほど、虫歯の発症リスクは高まっていきます。食後はできるだけ時間を置かずにブラッシングを行い、虫歯になりにくい環境を整えましょう。