自然治癒しないので、虫歯になるとどんどん進行する

虫歯は虫歯菌(ミュータンス菌)の出す「酸」によって歯が溶かされていくお口の病気です。虫歯は一旦なると自然治癒することはなく、ごく初期でない限り削る治療が必要となります。

 

虫歯になった歯を放置するリスク

リスクその1 自然治癒しないので、虫歯になるとどんどん進行する
リスクその2 何もしていないのにガマンできないような痛みが出てくる
リスクその3 虫歯が深くなればなるほど、治療は大がかりになり痛みも伴う
リスクその4 ひどい虫歯の治療だと、何度も通院する必要がある
リスクその5 治療費がかさむ
リスクその6 最悪の場合、抜歯して入れ歯かインプラントに……

歯科材料

C1 エナメル質の虫歯

【状態】

歯の表面にツヤがなく、黒や茶色に見えます。歯の表面のエナメル質が溶かされています。

【治療法】

虫歯になっている部分を削り、歯科用プラスチック(レジン)で補います。

 

C2 象牙質の虫歯

【状態】

エナメル質が溶かされ、下層の象牙質まで虫歯に冒されています。痛みやしみる症状が出はじめるのはこの頃。

【治療法】

虫歯になっている部分を削り、詰め物(インレー)で補います。

光照射器

C3 神経の虫歯

【状態】

歯の内部を通る歯髄(神経や血管)まで虫歯に冒されています。何もしていないのに激しく痛むようになります。

【治療法】

虫歯に冒された歯髄を除去する「根管治療(こんかんちりょう)」なら、歯を残すことができます。

 

C4 末期の虫歯

【状態】

歯に大きな穴があき、歯ぐきから上の大部分が溶かされている状態。内部も膿み、腐敗し、悪臭を放ちます。歯の根っこが炎症を起こし発熱することも。

【治療法】

ここまで虫歯が進行すると、抜歯するしか方法はなくなります。抜歯後は、入れ歯やインプラントで歯の機能を補う必要があります。

 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *