自分は関係ないと楽観視するのはやめましょう

歯周病は現代病の一つです。30代の8割が歯周病にまつわる何らかの症状を発症しています。自分は関係ないと楽観視するのはやめましょう。歯周病といえば『口臭』ですよね。

http://hanokennkou.shiga-saku.net/

しかし、実はそれ以外にも、『心臓病』『糖尿病』『早産』などを引き起こすリスクがあります。ですから、少しでも歯周病の疑いがあるようであれば、早めに歯科医師の診断を受けることが大切なのです。とはいえ、歯周病はなかなか自覚できません。自分が歯周病なのかどうか判断できない人も多いでしょう。

 

お口の中にはおよそ300~500種類の細菌が住んでおり、普段はこの細菌が悪さをすることはないですが、ブラッシングが十分でない、砂糖を過剰に 摂取すると細菌がネバネバした物質を作り出し、歯の表面にくっつきます。

 

これを歯垢(プラーク)と言い、粘着性が強く、うがいをしただけでは落ちることはありません。この歯垢(プラーク)1mgの中には、10億個もの細菌が住みついていると言われており、 その細菌が虫歯や歯周病を引き起こすのです。そのたくさんの細菌の中でも歯周病を引き起こす細菌が特異的に存在していることが解明されています。

ハンドピース 歯科

歯周病とは、この歯垢(プラーク)の中の細菌によって歯肉が炎症し、 やがて歯を支えている骨までも溶かしていく大変恐ろしい病気のことで、結果的に歯を失う原因となるのです。歯垢(プラーク)は、取り除かなければ硬くなり、歯石に変化し、歯の表面に頑固に付いているため、 歯石は通常のブラッシングだけでは取り除くことができません。その状態を放置していると歯石の中や周りにさらに細菌が入り込み、歯周病を進行させる毒素を出し続けるのです。

オートクレーブ

歯周検査

細菌の棲家となる歯と歯肉の境目にある歯周ポケットの深さを測定します。これまでの歯周病の進行状況や、今現在の炎症の状態、歯石の付着状況を把握し、対処法を検討します。

 

歯石除去(スケーリング・ルートプレーニング)

歯根の表面に沈着している歯石や付着している歯垢を専用の器具を用いて除去します。原因となる汚れ(細菌)が除去できれば歯周組織の炎症は改善されますが、深い歯周ポケットでは内部の細菌を除去することが困難な場合もあります

 

再評価(再歯周検査)

術前の検査結果と比較することで、歯周ポケットの減少や炎症の改善など、歯石除去による成果を確認します。この時点で、問題が解決されていればメンテナンスへ移行します。問題が解決されていなければ外科的な処置が必要となる場合があります。

Comments are closed.