硬いものを噛むと痛みがある

気づいたときにはかなり症状が進んでいる状態です。これらのうち、どれか当てはまるものがある場合は、すぐに歯科医院を受診してください。

歯ぐきから血が出る

歯ぐきが赤く腫れている

口臭が気になる

起きたとき、口の中がネバネバしている

歯ぐきから膿が出る

歯が伸びたような気がする

硬いものを噛むと痛みがある

歯がグラグラする

ポータブルレントゲン

歯周病は、歯周病菌がバイオフィルムという形で歯と歯肉の間に強固にへばりつき、増殖していき進行します。バイオフィルムとなって歯周病菌が増殖していく場所は歯周ポケットと呼ばれますが、ここで歯周病が進行していくと、歯の表面から歯肉がはがれて腫れ始めます。歯肉が腫れた状態を「歯肉炎」と言います。歯肉炎をそのまま放置していると、歯周ポケットの中で歯周病菌が活発に活動し、やがて歯を支えている歯槽骨を溶かし始めます。これが「歯周炎」と呼ばれる状態です。この状態をさらに放置していると、ついには歯が抜け落ちてしまいます。

 

【歯肉炎】

歯周病の初期症状である歯肉炎です。
歯ぐきが腫れただけの状態です。
炎症は歯肉にとどまり、
骨やその周囲組織(歯根膜・セメント質)にはまだ問題が起きていない状態です。

 

【軽度の歯周病】

歯肉が少し腫れた状態となり、歯みがきの時に出血したりします。骨が少し溶け始めますが、痛みがあまりないため気づきにくい状態です。

電気歯髄診断器

【中度の歯周病】

歯肉の腫れ・出血など歯ぐきの炎症がさらに悪化し、
顎の骨が半分近くまで溶けています。
歯と歯肉の境目にはプラークや歯石が目立ちます。
歯を支えている骨が減っているため、指や舌で歯を押すとグラグラします。

 

【重度の歯周病】

歯を支える骨は3分の2程度失われて、
歯はぐらぐらして硬いものを噛むことができなくなります。
顎の骨の大部分が溶けて歯が支えきれなくなると、歯が抜け落ちてしまいます

 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *