気づかないうちに進む歯周病

歯周病は国民病のひとつと呼ばれるもので、「日本人の成人、約8割が歯周病に感染している」というデータもあります。40才以上に限っていえば、100人中80人は歯周病にかかっている計算です。

口腔内カメラ

「進行してしまうと、歯が抜けてしまう怖い病気」というイメージもありますが、歯周病には1~10までの段階があります。初期の歯周病の場合は、外科的な治療を行わなくても、メインテナンスで改善することが可能です。

定期的な定期健診や予防歯科などを行うことで、歯周病を早期治療したり、予防することができますので、まだ若いからと思わずに一度ご来院いただければと願っております。

 

【歯周病チェック】こんな症状でお悩みの方は歯周病かもしれません。
「歯磨きなどで歯ぐきから血が出る」
「口臭がするようになった」
「口の中がネバネバする」
「歯茎(歯肉)が腫れている」

スリーウェイシリンジ

綿密な検査をして歯周病になっている原因を調べます。 レントゲンを撮ったり、歯周ポケットの深さや日頃行って いるブラッシング方法を行ってもらい間違ったブラッシング方法で磨いていないか調べます。

 

歯周病の大きな原因である、歯石を除去します。 歯石が付くのは、正しいブラッシングが出来ていない ことが原因です。

http://www.musublog.jp/blog/pinshi000/

歯周病のなおり具合をチェックします。歯石除去や正しいブラッシングで歯周病が治らない場合は、外科的な治療が必要になる場合もあります。

 

初期治療によって治らない場合、外科手術を行います。 歯肉を切って歯槽骨からはがして、根の先の方や根と根の間に付いている歯石や炎症巣を除去して滑沢にします。

 

歯周病は、治ってからが肝心です。3ヶ月から6ヶ月に1回は、定期検診を受けるようにしましょう。歯石がたまってしまえば、また歯周病になってしまう可能性があります、歯周病は、早期発見・早期治療が一番です。

Comments are closed.