気づいた時には歯が抜け落ちる可能性もある病気です

痛みがなく、ほとんど気づかれないまま進行していく「歯周病」。気になっても痛みがない分、受診するまでもないと自己判断をしてしまい、日常のケアも怠りがちになると、 気づいた時には歯が抜け落ちる可能性もある病気です。

歯科治療器具

歯周病とは、歯ぐきのミゾや歯石に隠れているプラーク(細菌のかたまり)が引き起こす「歯の周りの病気」 です。歯ぐきが腫れる歯肉炎、さらに悪化すると歯を支える歯槽骨が溶けてしまうという歯周炎になります。 歯槽骨は一度溶けてしまうと再生されません。再生治療には限界があり、歯を支えきれないほど歯槽骨が 溶けてしまうと、抜歯という選択肢だけとなってしまいます。

 

さらに近年、歯周病は口腔だけでなく、糖尿病、心臓血管疾患、肺炎、そして早産とも関わりがあることが 分かってきました。歯周病は、はじめのうちは痛みなどの自覚症状がなく、ひそかに進行するのが特徴です。 現在、日本人の成人の80%以上が感染しているといわれており、発症すると自然に治ることはありません。 初期の状態であるほど簡単な治療で治すことができますので、早めの診療をおすすめします。

 

初期の歯周病

歯と歯ぐきの間に溜まっている汚れ(歯垢や歯石)に細菌が繁殖して、歯肉炎を起こしています。この段階では自覚症状がありません。治療は歯のクリーニングを数回行い、併せて毎日の歯みがきで完治できます。

ハンドピース

中度の歯周病

歯石が増えて、出血や口臭などの自覚症状が現れます。骨の後退も進み、歯周ポケットの溝が深くなって歯がぐらつくようになります。治療はスケーラーと呼ばれる専用器具を使って、歯周ポケット内部に付着した歯石を取り除きます

http://blog.goo.ne.jp/geenaakusesari

重度の歯周病

さらに悪化して、歯肉が化膿して骨の後退や歯のぐらつきが大きくなります。この段階になると、通常の治療では根治が望めず、外科的処置の対象となります。それでも治療が難しい場合は、抜歯になります。

 

Comments are closed.