歯間ブラシやデンタルフロスの重要性

予防歯科とは、虫歯などになってからの治療ではなく、なる前の予防を大切にすることです。歯とお口の健康を積極的に守るため、歯科医院などでの「プロケア(プロフェッショナルケア)」と、歯科医や歯科衛生士の指導に基づいた毎日の「セルフケア」の両方で、「予防歯科」を実践しましょう。そのためにも、歯科医院での定期的な健診を当院では推奨させていただいております。

パルスオキシメーター

セルフケア

『セルフケア』とは、歯科医院などで指導を受けた、ブラッシング指導などを、日々ご自身で実践するケア方法をいいます。

『プロフェッショナルケア』を受けているから、ご自身でのケアは大丈夫などという事は決してありません。日々の積み重ねが、健康的な歯を長期的に守る一歩になります。『プロフェッショナルケア』と『セルフケア』を併用することで、効果が発揮されます。

歯科医院などでブラッシング指導を受け、自分に合った適切な方法で、日々の歯のお手入れをすることが大切です。そのためにも、自分に合った『予防歯科』のポイントを、歯科医院に指導を受け、正確なセルフケア方法を身に付けましょう。

マイクロスコープ 歯科

歯間ブラシやデンタルフロスの重要性

歯間ブラシやデンタルフロスとは、歯の間の歯垢を清掃する細い糸のことを言います。習慣がない方にとっては正直面倒くさい作業ですが、歯科に勤務する歯科関係者の恐らくほとんどが毎日欠かさず歯間の清掃を行っています。

歯間ブラシやデンタルフロスを使うことで、歯にとって多くの効果があり、虫歯や歯周病予防にとても重要です。一度、歯間ブラシやデンタルフロスを使ってみてください。しっかりブラッシングしても歯の間に食べカスなどがビックリするほど残っています。

歯ブラシでブラッシングしただけでは、歯と歯の間は十分みがけない事があり、プラーク(歯垢)や食べかすが残ってしまいます。そこで、デンタルフロスや歯間ブラシを使って、ハブラシでは届かない、歯の側面についたプラークや、歯と歯の間に入りこんだ食べかすを、きれいに取り除きましょう。そして、きれいで健康な歯を保ちましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *