歯肉炎、歯周炎、歯槽膿漏などを総称して「歯周病」といわれてます

歯周病の原因は「歯垢(プラーク)」です。歯周病とは、歯の表面に付着した「歯垢(プラーク)」の中にいる「歯周病菌」が、歯と歯肉の間に入り込み、歯を支えている組織(歯ぐきや歯を支えている骨など)に炎症をもたらす感染症です。歯肉炎、歯周炎、歯槽膿漏などを総称して「歯周病」といわれてます。

超音波スケーラー

歯垢(プラーク)

歯と歯肉の間にたまる乳白色で粘性のある細菌のかたまりです。 歯垢1mg中に1~2億ほどの細菌がいるといわれており、糖分を栄養として増殖する。

 

歯石

歯に長時間付着した歯垢が、唾液中のカルシウムと混ざって石灰化したものです。 栄養を含み、表面に凹凸があるため、細菌や歯垢が更にたまりやすくなる。

 

歯周ポケット

歯垢の侵入により、歯と歯肉の間の溝(歯肉溝)の深さが4mm以上になってしまった状態。

エアーモーター

歯周病セルフチェック

歯周病になっても、最初のうちは痛みなどの自覚症状がほとんどないので、その間に少しずつ進行してしまいます。早い段階で歯周病に気づけるよう、『歯周病セルフチェック』をしてみましょう。以下の項目で当てはまるものにチェックしてください。

歯肉が赤く腫れている

歯磨きすると、歯肉から血が出る

歯肉がムズがゆく感じる

歯が浮いたような感じがする

歯肉が赤くブヨブヨになっている

歯肉を押すと膿が出る

指で押すと歯がグラグラする

口臭がある

 

歯周病の予防(治療)

ブラッシング指導

現状のブラッシングでどこが磨けていないのかをよく理解して頂いた上でご自分に合ったブラッシングの方法を学んでいただきます。ブラッシングによるプラークコントロールが歯周病治療の第一歩です。

 

スケーリング(歯石除去)

歯石は歯面に付着したプラークに唾液中のリン、カルシウムが混じって石灰化したもので、歯に強固に付着しており、強い病原性を持っています。一般的に超音波スケーラーやキュレットスケーラーを使用して取り除きます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *