歯科病院でももっているはずですね

超音波スケーラーのメンテナンスについては、以下のいくつにご注意ください。

1.治療のときに、出力電力の強度がその最大電力の半分を超えてはいけません。もし、特別な治療のため、より高効率で治療しなければならない場合は、治療時間を短縮してください。そうしないと、チップと転換器に負担させて、機器を壊しやすくなります。『高圧蒸気滅菌器

2.変換器が噴水していないときに、スケーラーを稼働しないでください。そうしないチップや変換機を壊すだけではなく、歯にもダメージを与えます。(専用スプレーなしの変換機を除く)

3.変換機のトランスデューサケーブルパッチ数を最小限に減少するほうがお勧めします。そうしないと、わっシャーのことに微妙な傷をつけて、気漏れを起こします。

4.超音波スケーラーの稼働時間はできるだけ、短縮してください。そうしないと、機械が過熱で、故障を起こります。

5.加圧ボールドには、水線を超えないように、水を入れてください。そして、加圧回数は、50回以上超えないようにご注意ください。毎度使用後、蓋を開けて、中の圧力を解放してください。

6.機械を長い時間をつかないときには、電源を気って乾燥なところに保管してください。『オートクレーブ

7.長い時間放置しようとする場合は、1~2か月ごとに、一度充電しておいてください。

光重合器については詳しく知っていますか。光重合器は現在歯科分野の欠かせない重要歯科機器として、どこの歯科病院でももっているはずですね。光重合器は複数個の発光ダイオードを硬化範囲の一部の方向に向かって 、照射光源により歯科用補綴物を硬化させる硬化範囲を有する技工用光重合器のこととされます。

使用上には、色々注意点があります。『歯科 ユニット
(1)
充電器の裏側にあるラベルに記載されている電圧に、使用電源の電圧が対応していることを確認する。

(2) ライトガイドとハンドピース
* ハンドピースにバッテリーを装着しない状態で充電器にセットしないこと。
* 使用に先立って、ライトガイドをオートクレーブにかける。

(3)バッテリーの装着
バッテリーは必ず専用のものを使用すること。

そのほかのご注意:
* ライトガイドはオートクレーブ滅菌(但し134℃以下)が可能である。化学薬剤や乾熱による滅菌は行わないこと。

* すべての構成品を消毒するには、タオルに消毒剤をスプレーし、製品を拭いて消毒する。消毒剤を直接ハンドピースや充電器内部に使用しないこと。

* ハンドピースを長期にわたり使用しない場合には、収納する前に、十分充電しておくか、電源につないだ充電器にハンドピースをセットしておく。バッテリー内の安全スイッチが働いて、完全に放電してしまうのを防止する。『マイクロモーター

* ライトガイドは1 年の保証対象ではないため、点検時にくもり等が生じて光量が低下していると判断された場合には、新しいライトガイドに交換すること。

Comments are closed.