歯科ハンドピースのホールからみると

現在社会の発展とともに、歯科分野への注目が日々高まっていきます。そして、歯科用器具や製品なども広く使われています。今日は、ハンドピースの分類の付いて少しお話したいと思います。『歯科材料 通販

歯科ハンドピースのホールからみると、ハンドピースは2ホール、3ホール、4ホールそして6ホールといった四つがあります。よくホールについてお問い合わせをいただきましたが、ホールはチェアのホースのホールと一致でないと、接続できないのです。ですから、ハンドピースをご購入前、必ずチェアのホースホールをご確認ください、

また、ハンドピースのヘッドのサイズから分類されると、トルクヘッド、スタンドヘッドとミニヘッド、といったような三つに分けられます。ヘッドの大きさにより、ハンドピースの出力だけではなく、用途にも違いがあります。ですから、ご購入の時には、ご要望により、適当なサイズをご購入ください。『歯科通販

以上並んた分類の基準のほか、バーの取り付き方式により、プッシュボダン式と、レンチ式があります。文字通り、ブッシュボダン式は、ボダンをプッシュして、バーの取り付きが実現出来ます。レンチ式は専用器具の協力でバーを取り付きを実現します。

ハンドピースの方についてですが、もしホールが間違いになったら、おそらく正常に出水や稼働できない場合が多いからご購入前しっかりごチェックください。弊社でご購入の場合は、ご購入の時に、ホールを備考してください。『歯科用品

歯周病は、おもに「感染」と「力」という2つの要素によって引き起こされます。感染とは、お口の中の細菌によるものです。

力とは、噛み合わせなどの問題で歯にかかる不自然な力のことです。この2つの要素をコントロールし、同時に生活習慣病の有無などをチェックする「全身管理」を行うことが歯周病治療ではとても重要です。

不自然な力は、噛み合わせのずれだけでなく、歯ぎしりや食いしばりによっても起こります。その場合はマウスピースを使って治療し、不自然な力を取り除きます。また感染は、定期的なメンテナンスによって抑えるようにします。『歯科材料

Comments are closed.