歯磨き粉などのテレビCMで皆さまにもおなじみの歯周病

歯磨き粉などのテレビCMで皆さまにもおなじみの歯周病。近年、「歯周病を防ぎましょう!」と叫ばれているのには理由があります。実は歯周病は虫歯を抑え、日本人の成人の8割が歯を失う原因の第一位の病気なのです。

これは、歯周病が虫歯と違って痛みが出にくく、異変を感じて歯医者に行ったときには重症化しているケースが多いため。最悪の場合は、歯が自然に抜け落ちてしまうこともあります。

ハンドピース

歯周病は歯を失う可能性さえある怖い病気ですが、実はその影響は口の中だけにとどまりません……。歯ぐきなどの歯周組織の血管に歯周病菌が入り込むと、菌が全身に運ばれて以下のような悪影響をおよぼすことがあるのです。

 

歯周病によって引き起こされる全身疾患

肺炎

歯周病菌が肺に感染すると肺炎になることがあります。

心臓病

歯周病菌による炎症から血栓ができると動脈硬化を招き、心筋梗塞や狭心症などの心臓疾患を引き起こすことがあります。

 

糖尿病

歯周病菌は糖尿病を引き起こす原因になります。また、すでに糖尿病を患っている方が歯周病にかかると血糖のコントロールが難しくなり、さらに悪化する可能性があります。

 

オートクレープ

予防歯科の重要性について

「歯医者は、むし歯や歯周病になったときに治療を受けるために行くところ」というお考えの方がまだまだ多いのが現状です。むし歯にかかると治療のたびに歯を削られ、少しずつ歯を失うことになるし、痛みや治療費用などの負担も増え続ける一方です。

 

治療が必要になったら歯医者に行くということは、“わざわざ悪くなるのを待つ”ということです。つまり、治療と再発のくり返しです。お口の健康を維持するためには、悪くなるのを待ってから治療するのではなく、“悪くならないように予防する”ことが重要なのです。

 

PMTC

プラークや着色汚れなどを、専用の器具を使ってクリーニングして取り除くのがPMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)です。セルフケアでのブラッシングでは落としにくい歯と歯の間や歯と歯ぐきの溝のプラークや歯石を定期的にクリーニングすることは、むし歯や歯周病の予防には効果的といえます。