歯石、歯垢(プラーク)をクリーニングするのと同時に、着色も除去することをお薦めします

現在、成人が歯を失う原因の大半で、日本の35歳以上の8割がかかっているのが歯周病(歯肉と歯を支える歯槽骨の病気)です。日々のブラッシングや生活環境に大きく影響を受けるので、生活習慣病の一つとされています。歯周病に罹ってしまうと、虫歯のない健康な歯であっても、歯も支える周囲の組織が破壊されてしまうため、ご自分の歯を長持ちさせることが出来ません。『いつまでも自分の歯で美味しいものを食べられる幸せな人生』を送るためにも、 歯周病の予防・治療は大切なのです。虫歯や歯周病から歯を守る

ニッケルチタンファイル

しっかり歯磨きをしているのにどうして虫歯や歯周病になるんだろう・・・・・と疑問に感じたことはないでしょうか?毎日の歯磨きで念入りにブラシで磨いていても、歯の細かい溝、歯と歯のあいだ、歯と歯茎の境目などに磨き残してしまうことが多く、原因はその磨き残しです。磨き残しの口内の細菌はバイオフィルムの中で繁殖し、悪影響を与えています。その細菌のバイオフィルムを壊すことを目的とした治療がPMTCです。

バイオフィルムを壊すことで、細菌の数を一時的に激減させると共に、細菌が歯の表面に再付着しにくくなるため、虫歯や歯周病の予防につながります。一度PMTCを行えば、再びバイオフィルムができるまでに2~4ヶ月かかります。定期的にPMTCを行うことで、虫歯や歯周病を十分に予防することができるでしょう。

歯科用マイクロスコープ

着色は下には汚れが定着しやすい膜があり、歯石および歯垢(プラーク)が付着しやすい状態です。歯石、歯垢(プラーク)をクリーニングするのと同時に、着色も除去することをお薦めします。虫歯や歯周病から歯を守るために、毎日の歯磨きと定期的なPMTC治療をお勧めいたします。

PMTC治療の効果
歯周病・歯槽膿漏の予防
口臭の予防
知覚過敏の改善
虫歯の進行抑制

 

スケーリング(歯石の除去)
歯垢と唾液が合わさってできる歯石は、ブラッシングでは取れません。定期的なスケーリングでこびりついた歯石を落とし、お口の 中を清潔にしましょう。

 

定期健診
様々な検査結果をもとに、患者さまお1人1人に合った予防プログラムを提案します。定期的な検診、管理を通じて、患者様の健康を応援します。
是非一度ご相談ください。

 

ブラッシング指導
ブラッシング方法は、年齢や歯の生え方などによって方法が違います。歯科衛生士があなた専用の正しいブラッシング方法を指導します。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *