歯槽骨が2/3以上喪失し、歯がグラグラになり、やがては抜けてしまいます

歯周病とは、歯周組織が歯垢(プラーク)に含まれている歯周病菌に感染し、歯茎が腫れたり、出血したり、最終的には歯周組織が破壊されて歯が抜けてしまう病気です。歯肉炎、歯周炎とも呼ばれています。

超音波スケーラー

日本の成人の約80%が歯周病にかかっていると言われています。歯垢(プラーク)は時間が経つと歯磨きでは取り除くことができない歯石になります。歯石自体は歯周病の原因ではありませんが、歯みがきでは除去できないため、周囲のプラークの除去を困難にします。

http://saka-1991.blog.jp/

第一段階 歯肉炎

歯周病の初期段階におこる症状です。歯の周りにプラーク(歯垢)がつくことで歯肉に炎症が起こり、歯肉が腫れるようになります。ブラッシングで治せる段階です。

 

第二段階 軽度歯周炎

歯周ポケットが深くなり、歯を支えている骨(歯槽骨)が溶けて喪失しだします。歯を磨くと出血も見られます。

 

第三段階 中度歯周炎

歯槽骨の喪失が増え、歯が動くようになります。膿(うみ)が出ることもあり、口臭も気になります。

パルスオキシメーター

第四段階 重度歯周炎

歯槽骨が2/3以上喪失し、歯がグラグラになり、やがては抜けてしまいます。口臭はよりきつくなります。

 

定期検診を受けましょう!

歯の健康のためには、日頃からできることはたくさんあります。フッ素入りハミガキを使って、丁寧に歯を磨くことや、食後は早めに歯磨きをし、寝る前には洗口液でお口の中をすっきりさせる等、普段の生活を少し変えるだけで口腔環境は変わってきます。

 

また、しばらくメンテナンスをしていなかった方にも定期的に検診を受けて頂きたいと思っています。治療の必要がなくても、少なくとも1年に1~2回は受診することが望ましいです。口の中をチェックしてもらったり、歯みがきでは落とせない歯石や着色汚れなども落とすことで、虫歯や歯周病への感染もグッと減らせます。

Comments are closed.