歯周病は静かに、気づかないうちに進行する病気であり早期発見、早期治療が基本です

では実際にどのようなものかはご存知でしょうか。歯ぐきが腫れる、歯みがきをすると血が出る・・・ その程度の病気だと思っている方は非常に多いのですが、実はそんなに生易しいものではありません。実際には、歯の周りの組織に炎症を起こすだけでなく、歯を支えている顎の骨を、自覚症状がほとんどないまま溶かしてしまう病気であり、骨の病気という側面もあるのです。また、歯を失う原因の1位は、実は虫歯ではなく歯周病であり、それは歯周病の恐ろしさを知らない方が多いことにもその一因であると言わざるをえないでしょう。大切な歯を守るためにも、まずは歯周病について詳しく知ることが大切です。

オートクレーブ

健康な人の歯は、ひきしまった歯周組織に守られ、骨の中(歯槽骨)におさまっています。しかし、歯周病に罹患し、それらが悪化していくと、歯周組織と歯の間に歯周ポケットが出現し、歯ぐきの炎症が起こってきます。その後、炎症が波及すると、歯を支えている骨が破壊されます。歯周病は静かに、気づかないうちに進行する病気であり早期発見、早期治療が基本です。

 

http://www.0465.net/blog/dental111/index.html

1、歯ぐきが赤く腫れ、歯みがきをすると出血することがあります。
歯周ポケットの深さ:3mm程度

 

2、歯ぐきの腫れ・出血がひどくなり、歯ぐきが下がります。
歯周ポケットの深さ:4mm程度

超音波スケーラー

3歯ぐきは赤黒く腫れ、膿も出て、口臭がひどくなります。顎の骨が溶けはじめ、指で押すとグラグラと動きます。
歯周ポケットの深さ:6mm程度

 

4歯肉が真っ赤に腫れ膿や出血の量が増え、痛みや口臭がさらにひどくなります。顎の骨の3分の2が溶けて、放置すれば歯が抜け落ちます。
歯周ポケットの深さ:8mm程度

 

歯周病の再発の予防

歯周病は細菌による感染なので、再感染に気をつけましょう。特に性感染に気をつけましょう。
歯周病を起こす細菌が感染しにくいように、お口の中を清潔に保つようにこころがけましょう。
つまり、歯石やカビ菌を定期的に除去して、そして毎日の適切な歯磨きをしましょう。
歯周病を起こす細菌が再感染していないか、また、お口の中が再感染しやすい環境になっていないか、歯科医院での顕微鏡を用いた定期検診を受けるようにしましょう。
また、回し飲みや回し食い、箸の使いまわし、キス、くしゃみなど空気中や食べ物、手や指から菌がお口の中に入り、歯周病を発症させる可能性があります。
歯周病が進行する前に、そのときのお口の状態に合わせ、歯石を取ったり、場合によっては除菌して治すようにします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *