歯周病は痛みなどが無く進行するので、自覚症状が無い方がほとんどです

歯周病とは、歯垢の中の歯周病菌がハグキに炎症を起こし、徐々に周りの組織を破壊していく細菌感染症です。実は、日本人の80%以上が歯周病にかかっていると言われており、歯を失う原因としては、虫歯よりも確率が高いのです。

歯周病の原因は
プラーク
歯と歯肉の境目に細菌の塊であるプラークが付着し続け、歯周組織に炎症を起こします。
家庭用超音波スケーラー
プラーク=バイオフィルム
歯と似ている色のため見分けにくく、磨き残しが多くなりがちです。プラークの実体は、細菌の集合体であるバイオフィルムです。バリアとなって細菌を保護し、薬剤などもはじいてしまいます。1m㎥(耳かき1杯分)に100万匹の細菌がいると言われています。

歯石
プラークが石灰化したものが歯石です。ブラッシングでは除去できないため、歯科医院での治療が必要です。

 

歯肉炎

歯と歯茎の境目にプラークが溜まり、細菌が出す毒素によって歯茎が炎症を起こして赤く腫れています。 この段階では痛みは伴いませんが、ブラッシングの際に出血することがあります。

 

軽度歯周炎

歯茎の炎症が進み、腫れがひどくなります。歯周ポケットが徐々に深くなっていき、歯を支える顎の骨が溶かされはじめますが、この時点ではまだ痛みを伴わないため、気付かない人がほとんどです。

 

中度歯周炎

歯茎の炎症がさらに進み、歯周ポケットもより深くなっていきます。顎の骨が半分くらい溶かされてしまい、歯がグラつきはじめるので硬いものが噛みにくくなってきます。歯茎からの出血だけでなく、歯と歯茎の間から膿が出ることもあります。

エアーモーター

重度歯周炎

重度になるとさらに症状が進行し、歯を支える顎の骨がほとんど溶かされ、歯が激しくグラつくようになります。放置しておくと歯が抜け落ちてしまう末期の状態です。ここまで進行すると、通常の食事も痛みを伴うため食べにくくなります。

歯周病は痛みなどが無く進行するので、自覚症状が無い方がほとんどです。そのため、歯周病に気付くためには定期的な歯科検診を受ける事をお勧めします。歯周病の原因としては、不十分な歯みがきや歯ぎしり、かみ合わせが悪い、といったお口の問題だけでなく、喫煙、ストレス、不規則な生活習慣などが関係しています。つまり、歯周病は生活習慣病の一つなのです。たばこを吸う、疲労やストレスをためている、よく噛まずに食べる、間食が多い、つい夜ふかしをしてしまう、そんな人は歯周病に要注意です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *