歯周病は現在、日本人の成人の80%がかかっていると言われており、歯を失う一番の原因とされています

歯周病の最大の原因は歯垢(プラーク)で、この中にひそむ歯周病菌が増殖することで、歯槽骨(歯を支える骨)が破壊され、歯を失うことになります。また、全身疾患とも深い関わりがあることがわかっており、糖尿病や心筋梗塞、脳梗塞、誤嚥性肺炎、早産、低体重児出産の原因となったり、重症化を招いたりすることがあるとされています。

歯科医療機器

口腔内だけでなく、全身の健康をも脅かす歯周病ですが、初期にはほとんど自覚症状が現れません。そのため、普段から歯科医院へ通い、定期メンテナンスを受けて予防しておくことが大切です。

 

歯周病の初期段階は自覚症状が少なく、歯周病になっても気付かずに、そのままにしてしまう方がほとんどです。しかし、症状は静かに進行し、歯ぐきが炎症を起こして腫れ上がり、出血も伴い、顎の骨が溶かされて歯がグラグラしてきます。この状態になるとすでに重症です。最悪の場合は歯が抜け落ちてしまうことに。「歯を磨くと出血する」「口臭が気になる」「歯がグラグラする」などの症状がある方は、早期治療を施すためにも、早めに歯医者さんに診てもらうことが大切です。

 

歯周病の基本治療

プラークコントロール

歯周病治療の第一歩は、ご自宅での毎日のブラッシングで、歯垢などの汚れをきれいに取り除くことです。患者様のお口に合ったブラッシング方法の指導をおこない、適切にプラークコントロールがはかれるようにサポートします。

歯科 マイクロスコープ

歯石除去

「超音波スケーラー」や「手用スケーラー」などの専用器具を使って、歯面に付着した歯石を取り除いていきます。歯石はご自宅でのケアで除去することができませんので、歯科医院で定期的に掃除してもらうことをおすすめします。

 

SRP(スケーリング・ルートプレーニング)

歯周病の進行にともない、歯周ポケットの奥深くに入り込んだ歯石を、スケーラーを使ってきれいに取り除きます。歯石を除去した後、歯の表面を滑らかに整えて、再付着を防止し、はれた歯肉を治療します。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *