歯周病は歯周ポケットの深さで進行度を診断します

歯周ポケットとは、歯と歯茎の隙間のことを言いますが、歯周病が進行するほど深くなる傾向にあります。深くなるほど、炎症が奥深くまで及んでいることを示します。健康な歯茎では、歯周ポケットの深さは1~2ミリ程度ですが、歯周病になると3ミリ以上になります。重度の歯周病になると、10ミリを超える場合もあります。歯肉炎の段階では、顎の骨にまで炎症が及んでいませんので、歯周ポケットの深さは2ミリ程度(以内)と言えます。

ハンドピース 歯科

歯周病は初期のうちなら完治することができます。また、治療法の進歩により、かなり悪化していても、適切な治療とセルフケアで歯を抜かずに済むケースも現在では多くなってきました。少しでも自覚症状があったら、早めに受診して適切な治療を受けましょう。

 

こんな症状に注意!

歯磨きをすると歯ぐきから血が出る、歯ぐきが赤く腫れている、歯ぐきから膿が出る、

口の中がネバネバする、口臭が気になる、歯と歯の間にすき間がでてきた、歯がぐらついて噛みにくい、歯が長くなった、

超音波スケーラー

歯周病を防ぐために

毎日のブラッシングは確かに大切です。しかし、歯を「磨いている」と「磨けている」は違いますから、歯科医院で正しいブラッシング法を学び、歯垢を丁寧に取り除くようにしましょう。また、歯垢が固まって歯石になるとブラッシングではもう除去することができません。そのような状態になる前に、少なくとも半年に一度は歯科医院で定期検診を受け、歯のクリーニングと口内の健康チェックをしてもらうことも大切です。