歯周病は一般的にはあまり知られてないですが、非常に恐ろしい病気です

歯がグラグラする””歯ぐきが腫れて痛い””歯ブラシをしたときに歯ぐきから血が出る””歯がグラグラして、前歯にすき間が空いてしまった””口臭がある”こんな歯のトラブルでお悩みの方はいませんか?このような主訴で来院された方の大半が歯周病です。

http://zetadentaljp.blogspot.com/

歯周病は一般的にはあまり知られてないですが、非常に恐ろしい病気です。この恐ろしい歯周病は誰にでも忍び寄る可能性のある魔の手であり、その歯周病からいかに抜け出すかというのは非常に重要なのです。そもそも、歯というのは何によって、支えられているでしょうか?多くの方は「歯ぐき」と答えます。しかし、実際には違います。実際には、歯は歯槽骨(しそうこつ)という骨によって支えられているのです。この歯槽骨が溶けてしまう病気が歯周病なのです。歯を支えている骨がなくなってしまうと、歯は支えを失って抜けてしまうのです。

口腔内カメラ

歯周病のチェック

歯周病のチェックとして挙げられるものは、起床時に口の中がネバネバしたり、口臭が気になる。また、歯磨き時に出血するなど歯肉が赤く腫れている、痛みやむずかゆいという症状がでてきたら要注意です。その他にもかたい物が噛みにくいなど自分で感じる症状はあります。歯周病は子供から大人まで多くの人がかかっている病気です。特に中高年の方は、加齢により歯茎が痩せて、免疫力が低下するなど歯周病にかかりやすくなる要因が加わります。

 

軽度の歯周病

歯の付け根にプラークがたまり、炎症を起こしはじめます。まだ痛みはありませんが、歯みがきをしたり、硬いものを食べたりした時に、出血を伴うこともあります。

 

中等度の歯周病

プラークが石灰化してできた歯石が大きくなるにつれて歯根膜(歯と歯肉をくっつけている膜)が溶かされ、歯周ポケット(歯と歯肉の間のすき間)ができてしまいます。歯肉が腫れて膿が出だし、歯槽骨(歯を支える骨)の破壊がはじまっています。

超音波スケーラー

重度の歯周病

炎症が進行し歯槽骨が壊され、歯がグラグラします。歯根が見える状態までになると、血や膿も出て口臭もひどくなります。最終的には歯が抜け落ちてしまいます。

 

予防の大切さ

今日、歯周病治療についても次々と新しい効果的な治療が開発されています。しかしもっとも大切なことは、歯周病にならないこと、また再発させないこと。そのためには、ご家庭での毎日の正しい歯みがきと定期検診の受診が欠かせません。誰でも余計な治療を受けたくはないもの。ご自信の大切な歯を守るために、しっかりと予防に取り組みましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *