歯周病はその文字があらわす如く”歯の周囲組織の病気”のことをいいます

以前は歯槽膿漏(しそうのうろう)といわれていましたが、最近は歯周病または歯周疾患といわれています。 20才以上の成人を対象にしていますが、未成年者では歯肉炎としてとらえられています。 むし歯と歯周病は併発することが多いため、歯周病の予防を考えることはむし歯の予防にもつながります。

家庭用超音波スケーラー

歯周病の症状

こんな症状があったら歯周病です。

歯をみがくと出血する

口臭がある

朝、起きたとき口の中がネバネバする

歯が浮く感じがする

歯肉が充血して赤くなっていたり、押すと膿がでる

歯が長くなってきた

歯が移動して隙間が空いてきた

冷たい物がしみる

歯がグラグラと動く

硬い物が噛めなくなってきた

歯石除去(SRP)

歯石とは、歯周病の原因となるプラーク(歯垢)が石灰化したものです。磨き切れなかった歯にプラーク(歯垢)が残ってしまうと、2~3日で歯石に変化すると言われており、歯の表面にこびり付いた歯石は歯ブラシでは除去できません。 はじめに歯周ポケットの深さを測定し、歯垢、歯石の除去を行っております。歯石除去は歯周病に対する基本的な治療で、大きく分けてスケーリングとルートプレーニングという2つの方法があります。

生体情報モニター

スケーリング

専用の器具を使って歯石やプラーク(歯垢)を除去する作業をスケーリングといいます。このスケーリングにはスケーラという専用の器具を使います。

 

ルートプレーニング

ルートプレーニングとはスケーリング終了後に、歯根表面の汚染・軟化されたセメント質や象牙質を除去し、歯根面を硬くなめらかに仕上げることをいいます。歯根面がなめらかではなく、でこぼこしていると、プラーク(歯垢)が付着しやすくなり、それが後々歯周病の重大な原因となります。

歯周病を予防するために

歯周病の予防のためには、1日に3回のハミガキと、デンタルフロスや歯間ブラシを使った歯間清掃が効果的です。歯のクリーニングに関する指導を歯科医院で受けたり、自宅でも使える口腔内の衛星用品を購入するといった方法もあります。また、歯周病の予防は口腔内だけでなく、全身の健康を維持する事も大事ですので、バランスのとれた食生活や喫煙を避ける事も歯周病の予防につながります。毎日きちんとハミガキや歯間清掃をしていても、全ての歯垢を完全に取り除くのは難しく、歯垢が固くなり歯石(ざらざらとした堆積物)になってしまう事もあります。一度固くなった歯石は、歯科医院や専門的なクリーニングでないと取り除けないため、定期的に歯科医院での検診を行い、早期発見・予防する事が重要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *