歯周病は、歯を支えている歯槽骨が徐々に破壊されていって、最終的に歯が抜け落ちてしまう恐ろしい病気です

現在、日本人の80%以上の方が歯周病であるとされています。歯周病は、成人された方には認識を持って気を付けていただきたいのです。マイクロスコープ 歯科

 

その理由は、歯周病は早期発見が非常に難しいということ。初期段階ではほぼ自覚症状がなく、違和感を持った頃には末期状態になってしまっていることがほとんどです。

エアーモーター

歯周病の原因

一般的な歯周病の原因は、唯一「汚れ」です。 「プラーク」や「歯垢」という呼び方もしますが、口の中の細菌が集まったものです。これは歯ブラシでとれる柔らかい汚れです。
食事をすればすぐについてしまいます。この汚れが同じ場所に48時間以上とどまると、唾液中のリンやカルシウムによって「歯石」とよばれる硬い汚れに変わります。

http://nanami01.ti-da.net/

これを歯ブラシで落とすことはとても困難で、歯石のザラザラした表面に、さらにプラークがくっつくことになり悪循環をよびます。 また、特殊な歯周病では突然歯周病が進行して歯が抜けてしまったり、家族みんなが歯周病が重症化したりします。これは遺伝が原因と考えられています。

 

歯周病は、成人された方には認識を持って気を付けていただきたいのです。その理由は、歯周病は早期発見が非常に難しいということ。初期段階ではほぼ自覚症状がなく、違和感を持った頃には末期状態になってしまっていることがほとんどです。定期的なメンテナンスをお受けいただき、早期発見・早期治療ができれば改善できますので、正しい認識を持って歯周病を予防していくことが大切になります。

 

歯周病は自覚症状がないため、知らないうちに症状が悪化しやすい病気です。歯そのものを失ってしまう患者さんも少なくありません。また、体全体の健康にも悪影響を及ぼすことが、さまざまな研究で報告されています。

 

<歯周病予防のメンテナンス>
・歯周病の程度に合わせた歯石除去
・歯の表面のクリーニング
・歯磨きのチェックと正しいブラッシング指導
・患者さんに合った歯ブラシ・歯間ブラシのご提案

Comments are closed.