歯周病は、歯と歯ぐきの間に溜まった歯垢(プラーク)の中の歯周病菌によって起こります

この菌によって歯肉が炎症を起こし、やがて歯を支えている骨が溶かされて、最終的には歯が失われてしまいます。さらに怖いのは歯周病菌が血管を通って全身に広がってしまうこと。その結果、糖尿病や心疾患、肺炎、早産や低体重児出産などのリスクが高まります。

歯周病の初期は自覚症状はほとんどなく、歯のぐらつきや歯ぐきの腫れを自覚する頃にはかなり進行しています。「ちゃんと歯磨きしている」という人でも、子どもの頃の虫歯治療で入れた詰め物が経年劣化し、隙間から食べ物のカスが入り込んで歯周病が増殖するケースも少なくありません。早期発見・早期治療のために、定期的な歯周病検査をお勧めします。

スリーウェイシリンジ

歯周病治療について

スケーリング

スケーリングとは歯に付着したプラークや歯石を除去する治療です。歯石は歯面に付着したプラークに唾液中のリン、カルシウムが混じって石灰化したもので、表面は粗造でプラークが更に付着しやすいような構造をしており、歯に強固に付着しています。スケーリングでは主に、超音波スケーラーやキュレットスケーラーを使用して取り除き、歯の表面をつるつるの状態にし、プラークが付着しにくい状態にします。

 

SRP

長期間、歯医者さんで歯石をとっておらず、歯石が多くついている状態になると歯と歯ぐきの境目の溝が4-6mmと深い状態になってしまいます。この状態になると歯石が歯肉の中にまで付着してしまっているため、麻酔(表面麻酔、局所麻酔)などを用いて、歯石を除去して歯の根元をきれいにするSRPという処置が必要になります。この処置によって、ポケットが深い状態を改善することができます。深いポケットを放置すれば、その部分の歯周病は進行してしまいますので、しっかり歯石を除去することが大切です。SRPは、歯周病治療に関するトレーニングを積んだ歯科衛生士の協力が必要になってきます。外科処置をしなくてもこの部分の治療がきちんとできていれば、歯の延命につなげることができます。

超音波スケーラー

ブラッシング指導

歯周病の原因はプラークですので、日々のブラッシングが歯周病治療において最も重要です。歯ブラシの当て方など、丁寧に説明させて頂きます。

 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *