歯周病は、お口の中のバイ菌によって歯を支えている骨が溶けてしまう病気です

支えを失った歯は、徐々にぐらぐらになり最終的には抜け落ちてしまいます。初期の段階では目立った自覚症状がありませんが、ゆっくりと進行していくため、痛みや歯のぐらつきなど、明らかな自覚症状が出る頃にはすでに重症化していることも珍しくありません。
日本の成人のおよそ80%は歯周病を患っていると言われており、悪化した場合の治療は手間も時間もかかり、後遺症も残ります。そうなる前に、きちんとした診査、診断を行い、毎日のセルフケアと定期的な検診をしましょう。

ハンドピース

歯周病(歯槽膿漏)の大きな原因は食べカスを栄養源とする細菌です。清掃不良部位の細菌の増殖によるものがほとんどで、一度歯周ポケットを形成するとブラッシングのみでは除去できません。空気を嫌うこの細菌は歯の根の方向に深く進もうとする傾向があります。こうして歯を支える健康な繊維や骨を破壊していきます。

 

お口の中には、今現在わかっているだけでも500〜600種類もの細菌が棲んでいます。
多くの細菌は、そんなに悪さはしませんが、生活習慣が乱れていたり、ケアが十分でなかったりすると、歯の表面にくっつき、歯垢(プラーク)となります。これらは、粘着性が高いため、うがい薬でゆすいでも落とすことは出来ません。歯垢1mgの中には、十億もの細菌がいるとも言われ、むし歯や歯周病の原因となります。また喫煙や糖尿病、過度のストレスなども歯周病を悪化させる要因と言われています。

超音波スケーラー

歯周病治療の流れ

[STEP1]  初期検査
綿密な検査をし、歯周病の原因を調べます。レントゲン撮影や、歯周ポケットの深さや日頃行っているブラッシング方法を行ってもらい間違ったブラッシング方法で磨いていないか調べます。

 

[STEP2]  初期治療
歯の汚れ(歯石も)を取り除きながら、歯ぐきの改善を目指します。最初は、患者さんや歯ぐきに出来るだけ負担のかからない方法を選択します。歯石が付くのは、正しいブラッシングが出来ていないことが原因です。

http://saka-1991.blog.jp/

[STEP3]   再評価
歯周病の治り具合をチェックします。歯石除去や正しいブラッシングで歯周病が治らない場合は、外科的な治療が必要になる場合もあります。

 

[STEP4]  外科治療(必要に応じて)
初期治療によって治らない場合、外科手術を行います。
歯肉を切って歯槽骨からはがして、根の先の方や根と根の間に付いている歯石や炎症巣を除去して滑沢にします。

 

[STEP5]  定期検査
全ての歯周治療が終了した後は、長期的な健康維持のために3-4ヶ月毎の定期検診にきて頂きます。歯石が溜まってしまえば、また歯周病になってしまう可能性がありますので定期検診の度に、歯のみがき方をチェックしたり、新たに付着した歯石を取り除きます。

Comments are closed.