歯周病の治療は、進行の程度によって方法もそれぞれ異なってきます

大人の約8割がすでに歯周病菌を持ってり、大多数の方で気づかないうちに歯周病が進行しています。治療法は虫歯とは違い「削って詰め物をする」というような治療ではなく、毎日のブラッシングや歯科医院での徹底的なクリーニングが必要になってきます。そのためには、的確な説明とクリーニングができる、信頼のできる歯科衛生士を持つことが大切です。

ハンドピース

歯周病は口の中にいる歯周病菌が歯茎の中で増えて起こる病気です。磨き残しからできるプラーク(歯垢)の中で歯周病菌が大量に増殖し、白血球などの免疫細胞と戦って炎症反応を起こす結果、歯茎の組織が破壊され、歯を支えている骨が溶けていきます。虫歯とは違い、ゆっくりと進行し症状がでにくいため、気づいたときにはかなり進行している方が多いのが特徴です。喫煙やストレス、不規則な生活などの悪い生活習慣が続くと免疫力が落ちるため、歯周病が進行しやすくなります。

http://shikachishiki.blogoo.ne.jp/

初期段階では無症状

歯周病は、日本人が歯を失う最大の原因であり、初期の段階では自覚症状がほとんど無いので、気づかない人が多いものです。歯磨きが不十分なために歯と歯肉の間に細菌が棲みついてプラークが溜まると、そこに炎症が起こります。これが歯周病の始まりです。初期段階では自覚症状はほとんどありません。

プラークが石灰化して歯石になると、通常のブラッシングでは取り除けなくなり、歯周病は悪化します。歯と歯肉が付着しているすき間に「歯周ポケット」ができて、さらに炎症が歯肉の内部まで進行すると、膿が出たり、歯肉溝が深くなったりしていきます。やがて歯根膜(しこんまく:歯と歯槽骨を繋いでいる組織)や歯槽骨が破壊され、歯を固定する力は次第に弱くなって、歯はグラついてきます。このままの状態を放置すると、ついには歯を失うことになります。

オートクレーブ

歯周病の治療

歯周病の治療は、進行の程度によって方法もそれぞれ異なってきます。歯周病の治療で必要なことは、定期的に歯科医院でメンテナンスを行うことと、日々の正しいブラッシングです。歯科に定期的に通っていても、毎日の汚れを落とさなければ、ほとんど意味が無くなってしまいます。正しいブラッシング指導をお受けになり、それをぜひ励行していただきたいと思います。

 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *