歯周病の原因となるプラークや歯石を除去し、歯周病の改善を促す処置です

歯周病は、歯周病菌が歯ぐきやあごの骨などの歯周組織にダメージを与える病気です。実は日本人の成人の約8割が歯周病にかかっているか、その予備軍だと言われています。歯周病は治療せずに放置してしまい病状が悪化すると、最終的には抜歯に至る病気。日本人の歯を失う原因の第一位でもある怖い病気なので、虫歯と同じく早期発見・早期治療が大切です。

口腔内カメラ

歯肉炎

歯ぐきに炎症が起きている状態。ブラッシングの際などに出血しやすくなります。
歯周ポケット(歯と歯ぐきの境目の溝)の深さ:3mm程度

 

軽度歯周炎

あごの骨が溶けはじめた状態。歯ぐきが腫れ、ブラッシングの際に出血が見られるだけでなく、冷たい水がしみたり、口臭が出たりします。
歯周ポケットの深さは:4mm程度

 

中等度歯周炎

あごの骨が半分くらい溶けた状態。歯を指で押すとぐらつきます。歯ぐきの腫れや出血に加え、歯が浮くような感じがしたり、口臭が強くなったりします。
歯周ポケットの深さ:6mm程度

 

重度歯周炎

あごの骨の3分の2以上が溶けた状態。歯のぐらつきがひどくなります。歯ぐきが下がり歯根が露出し歯が長く見えたり、歯と歯ぐきの境目から膿が出て口臭がよりきつくなったりします。この状態を放置すると、最悪の場合、歯が抜け落ちます。
歯周ポケットの深さ:8mm程度

 

初期の歯周病に スケーリング

歯周病の原因となるプラークや歯石を除去し、歯周病の改善を促す処置です。歯みがきでは除去できない、歯の表面に付着したプラークや歯石を特殊な器具で除去します。

 

中等度の歯周病に SRP

歯周ポケット(歯と歯ぐきのすき間)など、見えにくい部分に付着したプラークや歯石を除去する処置です。仕上げは歯の表面をなめらかにして、プラークや歯石が再付着しにくくします。

スリーウェイシリンジ

重度の歯周病に 外科治療

重度まで進行した歯周病の場合、外科治療を行うことがあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *