歯周病の主な原因は口の中の汚れです

歯の周りの歯ぐき(歯肉)や歯を支える骨が破壊される病気で、かつては歯槽膿漏と言われていました。日本人の成人の約80%が歯周病にかかっていると言われており、40歳以上の人の歯の喪失原因の第1位になっています。この歯周病の特徴は通常、自覚症状がなく進行していき、症状が出るころにはかなり進行して、時には手遅れになることがあります。

 

歯周病は歯の表面に残った歯垢(プラーク)が歯ぐきに炎症を起こすこと(これを歯肉炎と言います)から始まります。そうすると歯ぐきから出血したり、腫れたり、ムズ痒くなったりします。その状態を放置しておきますと、歯肉炎は進行して歯と歯ぐきの間の付着を破壊し、歯を支えている骨が失われて歯周炎になります。歯と歯ぐきが剥がれるとそこには深い溝ができます。

歯科タービン

これを歯周ポケットと呼んでいます。歯周炎が進行していくと腫れたり膿が出たりして、骨はさらに失われ、歯はだんだんグラグラしてきて、最終的には歯が抜け落ちてしまいます。歯は大切な器官です。一本一本がそれぞれの役割を持って生えているのです。一本歯を失うと他の歯の負担が増します。今度は負担の増した歯が失われるかも知れません。

 

【歯周病の原因】
歯周病の主な原因は口の中の汚れです。食後の食べ残しの歯垢(プラーク)が原因となり、歯肉の炎症を引き起こします。炎症が進むと、やがて歯を支えている骨を溶かしていき、最終的にはグラグラになって抜けてしまうのです。

 

【歯周病の症状例】
・歯ぐきから血が出る
・口臭が気になる
・歯ぐきが腫れる
・口の中がネバネバする

スリーウェイシリンジ

<歯周病予防のメンテナンス>
・歯周病の程度に合わせた歯石除去
・歯の表面のクリーニング
・歯磨きのチェックと正しいブラッシング指導
・患者さんに合った歯ブラシ・歯間ブラシのご提案

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *