歯周病になりやすくさせるものについて

歯を喪失する原因で多いのは、虫歯と歯周病ですが、中高年以降では、特に歯周病が、その原因となっています。成人の方の約8割が、歯周病に罹患しています。歯周病はサイレント・ディジーズ(静かに進行する病気)と言われ、かなり進行するまで自覚症状がありません。歯周病になると、歯と歯肉の結合が壊され、歯肉が歯から剥がれてしまい、スキマ(歯周ポケット)ができます。さらに進行すると、歯を支える骨(歯槽骨)まで溶けてなくなってしまいます。歯肉からの出血、腫れ、痛みなどを繰り返し、やがて歯がグラグラしてきて、最後には抜けてしまいます。

オートクレーブ

歯周病は、お口の中だけの問題ではありません。
心臓病の原因となる事もありますし、妊娠中であれば,早産・低体重児出産のリスクが高まります。また、糖尿病の患者さんが、歯周病を治療したら、血糖値が下がったという報告もあります。

http://minaminami.soreccha.jp/

歯周病になりやすくさせるもの

砂糖

口の中の細菌が砂糖を栄養に歯の表面にネバネバしたプラークを形成し、付着させます。このプラークに嫌気性菌が付着し、歯周病をより悪化させます。

柔らかい食べ物

調理加工された食物は軟らかく、自浄性が悪く、歯の表面に停滞しやすいので、細菌にとって格好の栄養分であり、すみ家になり歯周病の原因になります。

飲酒

歯周病の原因として直接結びつきませんが、夜の飲酒により歯磨きが不規則になったりさぼったりする原因にはなります。

喫煙

歯肉の血管に影響を及ぼし、歯周病にかかりやすくしたり、悪化させたりします。もちろん禁煙されることをお勧めしますが、一日10本程度におさえるだけでも歯周病の改善に効果があるとさせています。

ストレス

物理的ストレス(夜勤など)や心理的ストレス(離婚・リストラなど)で生活のリズムを乱すことで免疫力の低下をまねき、歯周病を発生させたり、悪化させると考えられます。

食生活の改善が必要です

生活習慣の中で最も歯周病と関連しているのは食事です。まず食習慣の見直しが歯周病にならない為の第一歩と言えるでしょう。

マイクロモーター

歯周病の自覚症状

歯肉の腫れや出血

歯と歯の間にすき間ができた

歯が動くようになり硬いものがたべずらくなった

物を噛むと痛みがある

むし歯がないのに冷たい物がしみる

口臭がある

朝起きると口の中がネバネバする

このような症状が感じられた場合は歯周病の可能性があるので一度、検査をする事をお勧めします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *