歯周病が影響をおよぼすのは、お口の中の健康だけではありません

歯周病とは、歯と歯茎の間に溜まった歯垢(プラーク)内の歯周病菌に感染することで発生する感染症です。別名「サイレントキラー」とも呼ばれ、初期段階では「痛み」「しみる」などの自覚症状が極めて少ないという特徴を持っています。

スリーウェイシリンジ

歯周病は現在、「高齢になった時に歯を失う一番の原因」とされており、さらには一度かかると完治することがないと言われています。ですので、天然歯をいつまでも健康な状態で維持するためには、歯科医院で定期的なメンテナンスを受け、「早期発見・早期治療」により歯周病の予防・症状の抑制をはかることが重要となります。

 

歯周病が全身の健康におよぼす影響

歯周病が影響をおよぼすのは、お口の中の健康だけではありません。全身の健康に対しても影響をおよぼすことがわかっています。例えば、歯周病にかかった方は、そうでない方と比べて心臓病にかかるリスクが1.5~2倍高いと言われています。また、歯周病は糖尿病にも影響をおよぼすことがわかっています。

超音波スケーラー

こんなことでお悩みではありませんか?

歯茎が腫れている

硬い物を噛むと、歯が痛む

歯がグラグラと動く

以前よりも歯が長くなった気がする(歯茎が下がった気がする)

口臭が気になる

 

定期検診の重要性

歯周病やインプラント周囲炎は、ほとんどの場合、痛みのないまま進行していき、腫れや痛みなどの自覚症状が現れたときには、だいぶ症状が進行しているというケースが少なくありません。その場合、治療に時間がかかるだけでなく、歯周病の場合は大切な歯を失う結果にもつながってしまいます。歯周病を予防し、体の健康を保つためには、定期的な検診や日々のメンテナンスが必要不可欠なのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *