歯周ポケット診査、レントゲン撮影、口腔内写真撮影

歯周病とは、歯周組織が歯垢(プラーク)に含まれている歯周病菌に感染し、歯茎が腫れたり、出血したり、最終的には歯周組織が破壊されて歯が抜けてしまう病気です。
歯肉炎、歯周炎とも呼ばれています。日本の成人の約80%が歯周病にかかっていると言われています。

 

歯垢(プラーク)は時間が経つと歯磨きでは取り除くことができない歯石になります。
歯石自体は歯周病の原因ではありませんが、歯みがきでは除去できないため、周囲のプラークの除去を困難にします。

歯周病治療の流れ

ハンドスケーラー

1.歯周ポケット診査、レントゲン撮影、口腔内写真撮影

歯周ポケット診査、レントゲン撮影、口腔内写真撮影を行います。
歯周病の原因は1人1人異なりますので、治療していく前に検査を行い、1人1人に適した治療を行っていきます。

 

2.プラークを除去

歯周病の原因は歯垢(プラーク)なので、プラークを除去し付きにくくすることが治療の基本となります。歯科衛生士による歯みがき指導や歯間ブラシ、デンタルフロスなどで改善をはかります。
簡単に落とせる歯石やプラークを落していき、検査にて改善を確認します。軽度の歯周炎の方はここまでで治療が完了します。

 

3.歯と歯肉の間に溜まっていた歯石や歯垢(プラーク)除去

中等度~重度の歯周炎の場合、歯石が深くまであるため取りきれません。
このような場合は外科的な治療が必要となります。

 

4.歯と歯肉の間に溜まっていた歯石や歯垢(プラーク)除去

口の中の細菌を完全になくすことは難しく、歯周病は再発し易いので、治療完了後も定期的なメンテナンスが必要となります。
再発防止には患者さん自身による歯垢(プラーク)のコントロールだけでなく、定期的に歯科医師や歯科衛生士による検診や治療を受け、歯をメンテナンスすることが重要です。

 

自分の歯があることの素晴らしさに気付くのは、残念ながら歯を失ってから。失ってはじめて「どうしてもっと早くから、自分の歯を守ろうとしなかったのだろう」と後悔する方は少なくありません。近年では、大切な歯を失わないよう、予防歯科に力を入れている歯科医院が増えています。そして、その重要性は患者さん自身にも認識されつつあります。

超音波スケーラー 家庭用

歯を失う原因として代表的な病気である虫歯と歯周病。これらの病気は原因が明らかなため、ケア次第で予防することが可能です。日頃からの適切なブラッシングと、歯科医院での定期検診における予防処置・メインテナンスを習慣付け、大切な自分の歯を自らの意志で守っていきましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *