歯周ポケットの深さを計り、歯周病が進行している箇所を調べます

歯周病とは、歯垢に含まれる細菌によって歯茎に炎症を引き起こし、ひどい場合は歯そのものへ影響を及ぼす病気です。歯茎の炎症と言うと「歯槽膿漏(しそうのうろう)」を思い浮かべる方も多いと思いますが、歯槽膿漏は歯周組織から膿が出る症状で、歯周病の一部の症状のみを指しています。最近では歯槽膿漏という言葉はあまり使われず、歯槽膿漏を含めて歯周病と呼ばれるようになっています。

歯科材料 通販

初回の歯周病精密検査

歯周ポケットの深さを計り、歯周病が進行している箇所を調べます。
また同時に1歯ごとの歯石の有無や歯ぐきからの出血の程度、歯の揺れなどを調べます。

 

患者様に合わせたブラッシングアドバイス

むこうはら歯科医院では、患者様お1人おひとりのお口を拝見し、お口の状態にあったブラッシングの仕方を丁寧にアドバイス致します。日頃のブラッシングを正しく行うことで軽度の歯周病を大幅に改善することができます。

 

歯肉縁上スケーリング(歯茎の上の歯石除去)

歯茎より上についている歯石を丁寧に除去します。

 

2回目の歯周病精密検査

上記のブラッシングアドバイスやスケーリングによる歯茎の引き締まり具合を再検査をします。その際、歯茎の下に歯石がついているかもチェックします。ここで問題がなければ、初期の歯周病治療は終了です。

光照射器 歯科

スケーリング・ルートプレーニング(歯茎の下の歯石除去)

歯茎より下にある、歯根に付いている歯石等を除去します。これにより歯周病菌の棲家になっている歯茎の下の歯石も徹底的に除去します。

 

3回目の歯周病精密検査

上記ルートプレーニングを行い、しばらくして歯茎の改善度合いをチェックします。
歯周ポケットの改善があれば初期~中程度の歯周病治療は終了です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *