歯周ポケットの深さも4mm以上に深化していきます

歯周病はいきなりかかるものではなく、長い期間をかけて少しずつ進んでいく病気です。

初期段階では自覚症状がなく、「歯周病かも」と気づくころには、かなり進行した状態になっていることが少なくありません。実に成人の80%以上が歯周病ともいわれています。

 

歯肉炎

口腔衛生管理が悪く、プラーク(歯垢)がたまった状態が続くと、バイ菌の出す毒素により、歯ぐきに炎症がおこった状態です。思春期性歯肉炎などホルモンによる影響によりおこりやすくなります。歯を支えている歯槽骨は、障害を受けていない状態です。

口腔内カメラ

軽度 歯周炎

歯ぐきの炎症から、歯周病を引き起こすバイ菌が、歯周組織に侵入。歯槽骨の破壊が始まってしまった状態です。歯と歯ぐきの結合が壊されはじめ、ポケット状のすきま(歯周ポケット)が形成されます。歯周ポケットの深さは2~3mm程度です。

 

中程度の歯周炎

炎症がさらに拡大し、歯槽骨の破壊が進行していきます。歯周ポケット内の歯石の量も増え、歯が動揺(ぐらつき)はじめ、歯ぐきから膿がでたり、咬む力が出にくくなります。歯周ポケットの深さも4mm以上に深化していきます。

 

重度の歯周炎

歯周ポケットの深さは6mm以上となり、本来の歯槽骨の量の、半分以上が破壊され、歯はぐらぐらになります。歯根の周りに大量の歯石が付着し、抜歯せざるを得ない場合が多くなります。

歯科器具 通販

スケーラーと呼ばれる器具を用いて歯石を取ることを『スケーリング(歯石取り)』といいます。歯周病の大きな原因の1つがプラークです。この歯石を取ることでプラークが付きにくい状態にし、歯周病を改善させます。歯石は歯磨きでは取れず、90%以上の人にあります。しかも、1度取ってもしばらくすると再び付着するので、定期的に歯科医院で取ってもらうことが必要です。

 

口の中の状態にもよりますが、スケーリングは3~6ヵ月に1回ぐらいが目安です。スケーリングをしてもらうと口の中がすっきりしますが、その状態を少しでも長持ちさせるよう、毎日の歯磨きでプラークコントロールすることが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *