歯周とは「歯」と「歯を支える周囲の骨や歯茎」の事をさします

歯周病とは一般に歯を支えている周囲の骨が溶けて減ってしまう病気の総称です。 歯周病には歯肉炎と歯周炎という2つの時期があり、初期には歯茎から血が出るなどの症状を覚える歯肉炎から始まり、次第に周囲の骨が溶けて減ってしまう歯周炎へと進行していきます。現在日本人の80%が歯周病にかかっていると言われています。

ハンドピース

進行

歯肉炎

歯肉に炎症がみられるが歯槽骨の吸収はない。

軽度歯周炎

いわゆる歯周炎。歯肉炎より炎症が強い。歯肉が赤色に。歯槽骨の吸収がはじまる。

中等度歯周炎

歯槽骨の吸収が進行している。歯を指で押すと若干ぐらぐらする。

重度歯周炎

歯肉は真っ赤又は赤紫色で出血あり歯はぐらぐらしていて、物を噛むのが困難。

歯科材料

歯周病とたばこの関係

歯周病と喫煙の関係は密接であり、多くの研究により喫煙は歯周病のリスクを高める最も大きな要因の一つであることが明らかにされています。喫煙者は非喫煙者に比べ、歯と歯ぐきの間により深いポケットが形成され歯を支える骨と組織をより多く失うとされています。また、喫煙に次いで、糖尿病・HIV感染症・骨粗しょう症・ストレスなどが歯周病のリスクを高める要因として挙げられています。

 

プラーク・歯石を徹底的に取り除き炎症のコントロールを行います。

これは、
1:歯表面のクリーニング
2:歯と歯ぐきの間に深く入り込んだ歯石の除去と段階を踏んで進めていきます。

歯周病の状態により、
3:外科的な治療に進む場合もあります。

また、歯に必要以上の力が加わらないように噛み合わせのコントロールも行っていきます。
歯周病の改善には、患者さんのプラークコントロールが非常に重要となってくるのでブラッシング指導も行っていきます。

http://blog.goo.ne.jp/geenaakusesari

歯周病と定期健診

歯周病は慢性疾患のため、残念ながら完治することはありません。しかし、その進行をストップさせることは可能です。個人でのコントロールは困難なため、定期健診でしっかりメンテナンスやクリーニングをしていくことがこの病気と闘う最善策です。その為にヒロデンタルクリニックでは患者さん一人ひとりに合わせて定期健診の期間や内容を決めています。歯周病は、きちんとコントロールさえできていれば決して恐い病気ではないのです。

Comments are closed.