歯ブラシがゆきとどかず

顎関節症の初期のころの症状としては、顎のあたりに痛みや雑音があったり、口が開けにくくなったりします。進行すると、不定愁訴と言われる肩こりや頭痛、耳鳴りなどが起こることもあります。『歯科材料 通販

顎関節症の原因としては、正しい噛み合わせが出来ないことによって、過剰な歯ぎしりや食いしばりや悪習癖などによっておこると言われています。ちょうど、高さの違う靴などを左右で履いていても、すぐに転んだりはしませんが、長時間(高さの違う靴を)履いていると、異常に疲れたり転んだりするのと同じです。

顎関節症の症状が出て、そのまま放置しておくと、肩や首の多くの筋肉に負担(ストレス)がかかり、身体全体のバランスがくずれて全身的な症状がでることもあります。悪化することはあっても、自然に治ることはないでしょう。『歯科用品

顎関節症の症状を治すには、正しい検査・診断を行う必要があります。顎関節症の疑いがある場合は、早めの検査・治療が大切になりますので、お気軽に医院にご相談ください。

矯正治療は患者さんの状態によってさまざまな治療法があります。ケースによって治療期間も異なり、小児と成人でも異なります。矯正治療期間中は虫歯にならないようしっかりとケアし、理想の歯並びを手に入れましょう!

叢生(八重歯・乱杭歯)
歯が重なり合っている状態を叢生(八重歯・乱ぐい歯)と言います。叢生の場合、歯ブラシがゆきとどかず、プラーク(細菌のかたまり)が残りやすく、虫歯や歯周病、口臭の原因になることがあります。『歯科通販

上顎前突(出っ歯)
上の歯が下の歯より相対的に前に出ている噛みあわせを上顎前突(出っ歯)と言います。歯が出ていると折れたり、唇を切ったりしやすく、見た目にもよくありません。また常に前歯がかわいた状態になるので、唾液による自浄作用がおきにくく、虫歯が発生します。

反対咬合(受け口)
下の歯が上の歯より前に出ている噛み合わせを反対咬合(受け口)と言います。受け口の人は食べ物がよく噛めないだけでなく聞き取りにくい話し方になります。『歯科材料