歯を支える骨が溶け出してしまう歯周病。

それだけでなく、歯周病は全身の健康とも密接に関係しています。歯周病の治療には早期発見が大切です。

パルスオキシメーター

歯ぐきから血が出る
口臭が気になる
朝起きたら口の中がネバネバする

このような症状でお悩みではないですか?

歯周病は、初期症状がほとんどありません。静かに進行し、気が付いたときには歯を抜くことになる恐ろしい病気です。また、最近は歯周病と全身疾患との関わりも指摘され始めました。大切な歯を歯周病から守るためにも、早期発見・早期治療を心がけましょう。

http://www.0465.net/blog/dental111/index.html

軽度歯周病

細菌の繁殖によって歯肉に炎症が起こった状態です。歯と歯肉の間に歯垢や歯石が溜まっていることが原因です。ブラッシング指導や歯のクリーニングを行うことで、比較的短期間で回復します。

マイクロスコープ 歯科

中等度歯周病

口臭や出血がひどく、歯石の付着も目立ち、専門家が見れば歯肉にも炎症を起こしています。少しずつ骨が後退し始め、歯周ポケットも深くなり、歯も動揺してきます。数回除石を行えば歯肉の状態は改善しますが、歯肉溝(ポケット)の深さが4mm以上あるところは、歯周外科の適応となります。

 

重度歯周病

重度歯周病になると骨もかなり破壊されて後退し、歯の動揺が大きくなっています。基本治療だけで改善が見込めない場合は、歯周外科で対応します。それでも保存不可能な場合は、残念ながら抜歯となります。

 

歯周病を予防するには?

歯周病を予防するには、早期発見、早期治療が一番重要です。 少なくとも3ヶ月~半年に1度定期健診を受けることをお勧めいたします。まずは現状を知るために医院で検査を受けることをお勧めいたします。また、歯周病は発生しやすい病気です。治療終了後も定期健診などの定期的なケアがとても大切です。

Comments are closed.