歯を失う原因では、むし歯によるものを越して、歯周病が一番の原因となっています

歯周病は歯茎など、歯の周りにある組織が歯周病菌に感染することで起こる感染症の一種ですが、一度かかってしまうとなかなか簡単には治りません。歯周病にかかると、初期の頃は特にこれといった自覚症状はありませんが、次第に歯茎が腫れたり、ブラッシング時に出血したりするなど、様々な症状が現れます。症状が進行すると、歯茎が下がって歯が長くなったように見えてきます。そして、最終的には膿が出たり、歯がぐらぐらしたりするようになり、そのまま放置して治療せずにいると歯が抜けてしまう場合があります。

超音波スケーラー

歯周病は自覚症状のないまま、どんどんと進行していきますので、日頃からケアしておくことが大切です。特に、歯周ポケットに歯周病菌の巣ができるので、歯と歯茎の境目を力を入れ過ぎず丁寧に磨くことが大切です。また、歯ブラシだけでは取りきれない汚れが付着する場合もありますので、ご自宅での日々のケアに加え、定期的に歯科医院でプロによるケアを受けられることをおすすめします。

 

歯周病は歯周病菌が原因となって起こりますが、歯周病菌は歯垢(プラーク)内に多く潜んでいます。そのため、歯周病を予防するには歯周病菌の巣となっている歯垢を取り除く必要があります。

 

ご自宅での予防

歯周病の原因となる歯垢の除去には、日々のブラッシングを丁寧に行うことが効果的です。しかし、毎日歯を磨いていても、力を入れてゴシゴシ磨いていては歯茎を痛めてしまう上に、磨き残しを作ってしまうことになります。磨き残しなどで落としきれなかった歯垢は、時間の経過とともに固まって歯石へと変わってしまい、歯ブラシでは落とせなくなってしまいます。そのため、ご自宅でのケアとしては、正しいブラッシング方法で丁寧に時間をかけて磨くことが大切です。

生体情報モニター

歯科医院でのケア

ご自身でどんなに頑張って歯を磨いても、磨き残しは少なからずあるものです。この磨き残した歯垢は、時間の経過とともに固まって歯石へと変わります。一度歯石に変わってしまうと、歯ブラシなどでは簡単に落とせなくなってしまい、そのまま放置すると歯周病の大きな原因となります。なので、歯を歯周病から守るためには、定期的に歯科医院で歯石取りや歯のクリーニングなどの治療を受ける必要があります。

Comments are closed.