歯の表面の部分だけ虫歯になっているため、痛くはありません。

虫歯への対応

  1. 虫歯になりかかっている状態(エナメル質の表面が脱灰している状態)

歯垢(プラーク)を継続的に取り除くことで、虫歯の進行を抑えるようにします。

エアーモーター

  1. 浅い虫歯(虫歯がエナメル質に留まっている状態)

エナメル質に限局している場合は、歯垢(プラーク)を取り除くことでお口の環境を整えて、経過を見ることで対応することもあります。

 

  1. 深い虫歯(虫歯が象牙質まで及んでいる状態)

歯の神経に影響が出始める段階です。神経の炎症があまり認められなければ、虫歯を取り除いた後、神経を残して詰めたりかぶせたりします。歯の神経の炎症が進んでしまった場合は、神経を取り除く治療(歯内治療)が必要となります。

 

C1黒ずんでいる、もしくは茶色っぽく変色していて歯に小さな穴が空いてしまった状態です。歯の表面の部分だけ虫歯になっているため、痛くはありません。

治療法

虫歯の大きさによって、麻酔をし、虫歯になった部分を削って取り除きます。小さな虫歯であれば、麻酔をしなくとも痛みなく取り除ける場合もあります。虫歯を取り除いた後、コンポジットレジンという材料を詰め、光を当てて固めます。治療は1回で終わります。

歯科 マイクロスコープ

C2歯の奥には象牙質というものがあるのですが、虫歯が象牙質にまで達している状態です。こうなると、温かいものや冷たいもので沁みたりします。

治療法

麻酔をし、虫歯を取り除きます。虫歯が浅い場合はコンポジットレジンでも対応できますが、虫歯が深い場合は詰め物(インレー)を型取りして製作、詰める場合もあります。

C3虫歯が歯髄(神経)にまで達すると、激しい痛みがあります。なにも口にしていなくても痛みがあるため、早めに歯医者さんへ行くことをおすすめします。

治療法

リーマーと呼ばれる細い棒状の特殊な器具を使い、歯の中を清掃します。「根管治療」と呼ばれるものです。歯の中をキレイにした後は、消毒薬を入れてフタをします。その後、歯の土台を入れ、被せ物を装着して完了となります。

 

C4

歯冠部がほとんどなくなり、虫歯菌は歯を通り越して歯槽骨まで達してしまった状態です。根の先には膿が溜まり、悪臭があります。また、歯ぐきが腫れることもあります。

治療法

この状態までくると、抜歯以外の治療は難しくなってきます。根管治療が行えそうな場合は、なるべく歯の保存を考えた治療を行っていきます。抜歯の場合は、抜歯後、部分入れ歯やブリッジ、インプラントなどの歯を補う治療を行っていきます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *