歯の知識がいろいろあります

デメリット
表側の装置と比べて舌に違和感を感じる場合がある『歯科材料 通販
舌が接触する歯の内側に矯正装置をつけるため、表側よりも違和感を感じる場合があります。人により感じ方は様々ですが、舌の位置の習慣が悪く、低位舌や舌突出癖などの癖のある患者さんはとくに違和感を感じることが多いようです。この機会に正しい位置に舌を習慣づけることで違和感も減少し、歯列矯正終了後の歯ならびの安定もしやすくなります。

治療の当初に発音しにくい場合がある
治療の進行と慣れにより和らぐので心配ありませんが、装着直後は噛みにくかったり発音しにくい場合があります。

表側の歯列矯正と比較して費用が高い『歯科材料
舌側矯正は表側の矯正よりさらに特殊な技術であること、装置が特殊で高価なこと、形状の設計や位置決めに特殊な手順が必要なこと、また表側の矯正治療と比べて歯の裏側は処置がしにくいので、ワイヤー交換など毎回の処置にかかる時間が長いことなどが理由としてあげられます。

歯の知識がいろいろあります。歯の知識を身に付けるために、この文章を書きました。皆さん、一緒に見ましょうね。
歯はよく問題が出ました。歯と歯の隙間が大きいとか、虫歯が出るとか、歯周病が出るとか、ほかにいろいろな問題があります。
でも、歯の問題の具体的な表現は何ですか。『歯科用品
今日は虫歯について、話しましょうね。
むし歯は、口のなかに常在している細菌の感染により歯質が軟らかくなり、崩壊していく病気です。日本では、食生活の変化とともに多くの人がするようになっています。
6年に一度行われる歯科疾患実態調査の最近(2005年)の結果では、6歳における虫歯および12歳における永久歯のう蝕(処置された、あるいは未処置のむし歯をもっている割合)がともに回を追うごとに減少してきています。すなわち、乳歯・永久歯ともむし歯の急増しやすい時期における減少傾向が認められます。
むし歯は、砂糖を含む食物との関連が深いことがわかっています。とくに毎日の砂糖を含む食物の摂取量が多いと、むし歯が多発することがあります。 『歯科通販