歯のクリーニングでは専用の歯科器具で歯周病の原因となるプラークや歯石を除去します

歯ぐきが腫れたり、歯磨きのときに出血があり、初めて気づくことが多いようです。歯茎が腫れていても体調が良くなれば腫れが引くし痛みもなくなります。そのため放置することが多く治りにくくしているのかもしれません。

歯科用ユニット

しかし、放置したことによって進行した歯周病は、気づいた時には歯ぐきが下がり、歯牙がぐらぐらと動揺することにも。その時には、口臭もひどくなるので、慌てて歯医者さんに行くかもしれませんが、すでに手遅れになっていることが多いのです。それほど怖い歯周病ですが、正しく治療することで治ることも可能です。でも、現在、歯科に行くことを検討中の人にとっては、治療にかかる期間や費用が気にかかるところではないでしょうか?

パルスオキシメーター

歯周病の原因をなくすには?

歯周病の原因を取り除くためには正しいブラッシングを行い、プラークを除去することが重要です。そうすることで歯周病の細菌の土台となる歯石も防ぐことが出来ます。しかし、どんなに歯磨きが上手な人であっても磨き残しが出来てしまいます。この磨き残しを取り除く方法が、歯医者さんで行う「歯のクリーニング」です。では具体的に歯のクリーニングとは何をするのでしょうか。

 

歯のクリーニングでは専用の歯科器具で歯周病の原因となるプラークや歯石を除去します。クリーニングの流れは、どの部位が磨けていないのか、磨けていない部位の歯ブラシの正しい使い方など、歯医者さんから教わります。また歯周病が進行している場合は、細菌を抑える薬を歯と歯茎の隙間に入れることで歯周病の進行を抑えます。

歯周病についてのまとめ

歯周病の初期症状は歯茎からの出血や違和感などがありますが、なかなか自分では気が付きにくく、症状が悪化してから歯医者さんへ行くという人がほとんどです。歯周病の治療は、酷くなる前に進行を抑え、歯をいかに長持ちさせるかが重要です。定期的に歯医者さんで歯のクリーニングを受けるだけでも歯周病は改善することが出来ます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *