歯にこびりついた頑固な汚れを落としていくことが大切です

歯磨きや、固いものを食べたときに出血する場合があります。歯の周りにある歯周ポケットと呼ばれる溝が広がり、歯垢がたまりやすくなっています。歯科治療器具

歯肉炎から更に細菌感染が進んだ状態で、歯ぐきが腫れ、顎の骨が溶け始めます。ブラッシングや固いものを食べた際に出血するだけでなく、冷たい水がしみたり口臭が出たりします。歯周ポケットは4mm程度の深さになり、汚れがたまりやすくなっています。しっかりと歯磨きをし、歯科医院で治療を受けてください。

歯ぐきの腫れが増し、ブヨブヨと腫れぼったくなります。歯磨きでの出血が増え、歯肉も減ってしまって歯が長くなったような感じがします。歯を指で押すとぐらつき始めます。歯周ポケットの深さは4mm~6mmになります。

かなり進行した歯周病です。顎の骨の溶解も進んでしまい、歯のグラつきがひどくなります。出血だけでなく膿が出たり、口臭がより強くなったりし、最悪の場合、歯が抜け落ちます。歯周ポケットの深さは6mm以上となり、大量の汚れがたまってしまっています。
この段階まで進行してしまうと、周りの歯にも悪影響を及ぼすようになりますので、抜歯をすることが多くなります。残せる他の歯を、しっかり治療しましょう。

オートクレーブ

歯周病の検査方法

プラークの検査

歯周病の原因となるプラーク(歯垢)の付着状況を調べ、歯周病になりやすい部位などの特定に役立てます

 

歯の動揺度検査

歯周病が進行すると、歯を支える骨が溶け出して、歯がグラついてきます。この検査では、ピンセット状の器具で歯をつまみ、グラつきの程度を調べます。

http://nienie123.seesaa.net/

レントゲン検査

歯周病が進行すると、骨密度が低くなります。レントゲンで顎の骨の状態や骨密度を調べることで、歯周病の進行度を確認します。

 

歯周ポケット検査

進行するにつれて歯周ポケットが深くなる歯周病は。そのため、「プローブ」という器具を用いて歯周ポケットの深さを測り、進行度を確認します。

 

PMTCでの予防

PMTCとは、Professional(専門家が) Mechanical(専用の機械で) Tooth(歯面を) Cleaning(クリーニングする)の略で、歯科医師・歯科衛生士が機械を使って行う、本格的な歯のお掃除のことです。お口の中にはホームケアだけでは取り切れない歯石・汚れ・バイオフィルム(口の中の細菌の巣)などが付着しています。毎日の歯磨きにプラスして、定期的に歯科医院へ通い、歯にこびりついた頑固な汚れを落としていくことが大切です。

 

Comments are closed.