歯と歯の間にすき間ができ、食べカスがはさまりやすい

細菌は、口の中の食べかすに含まれる砂糖を栄養源として増え、歯垢というひとつの塊になります。この歯垢を温床として細菌が毒素を出すことで、歯肉や歯槽骨が壊れていきます。これが歯周病の原因です。

つまり、歯周病にならないようにする一番のポイントは、細菌を増やさず歯垢をつくらないことです。

生体情報モニタ

そのためには、食事が終わるごとにきちんと歯磨きして細菌や歯垢を落とすことが大切です。歯垢は、そのままにしていると歯石という塊になり、歯磨きでは落とせなくなってしまいます。特に、歯と歯肉の間や歯と歯の間など歯ブラシの毛先が届きにくく磨きにくい部分には、どうしても磨き残しができてしまうので、時間をかけて丁寧に磨きましょう。その積み重ねにより、細菌や歯垢を増やさず、歯周病を予防することができるのです。

歯周病になっても、最初のうちは痛みなどの自覚症状がほとんどないので、異変に気づかずにそのままにしてしまいがちです。

 

しかし、進行するにつれて腫れ、痛み、歯のぐらつきなどの自覚症状が出ることが多くなり、それらの異変に気づいたときには重症になっているということがよくあります。軽症のうちに気づいて治療を受ければ、治療時間や治療費がそれほどかからないので負担が少なくて済みますが、重症になってから治療を受けると、どうしても治療時間や治療費がかかるので、負担が大きくなってしまいます。また、近年になり、歯周病が、代謝系、循環系、呼吸器系に大きな影響を及ぼし、全身の病気と関連することがわかってきました。歯周病は、お口の中だけの問題ではないのです。

マイクロスコープ 歯科

朝起きたとき、口の中がネバネバする

歯ぐきが赤く腫れている

歯みがきをすると歯ぐきから血が出る

硬いものを食べると歯ぐきから血が出る

歯が長くなったように見える

歯と歯の間にすき間ができ、食べカスがはさまりやすい

口臭が気になる

歯を指で押すとグラグラする

歯ぐきから血や膿が出ている

こういった症状が見られる場合は、すでに歯周病にかかっている可能性が高いといえます。早めの治療が大切な歯を救います。

 

歯周病の治療を成功させるためには病院サイドでは歯周病の原因である細菌の巣(歯垢、歯石)を徹底的に除去し歯周病の進行を防ぎ、患者さんサイドでは日頃、口腔内を清潔に保ってもらうために適切なブラッシングをしてもらうという風に病院と患者さんが二人三脚で治療に取り組まなければ成功しません。自分に合ったかかりつけの歯科医院をみつけ長く付き合っていく事が成功の秘訣です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *