歯ぐきが赤く腫れ上がり、歯を磨いたりカタいものを食べると出血することもある

歯周病、またの名は歯槽膿漏ですが、歯自身が悪くなるのではなく、文字通り歯の周りの歯茎や歯を支えている骨が悪くなる病気です。具体的には歯肉から出血や腫れたり、歯がグラグラします。

 

大事な歯をなくしてしまう病気は、むし歯と歯周病がほとんどです。むし歯はしみたり痛んだりするので歯が悪いということがわかりやすいのですが、歯周病はひどくならないと病気にかかっていることがわかりにくい病気なのです。いわゆる「silent desease」と呼ばれています。

 

歯周病は、自覚症状が少ない病気ですが、

・歯がグラグラする

・歯肉が腫れる

・歯肉から出血する

・口臭が気になる

などの症状があれば、すぐに医師の診断を受けることをお勧めいたします。

 

軽度歯周病

歯ぐきが赤く腫れ上がり、歯を磨いたりカタいものを食べると出血することもある。

 

中度歯周病

ポケットの炎症が慢性化して、骨が溶けはじめる。口臭もあり、歯が浮いたような感じがする。

 

重度歯周病

歯根を支えている骨がほとんど溶けてしまう。歯根が露出し歯のグラつきがひどくなる。

歯科機器 通販

治療方法

歯石取り

歯周病の初期であれば歯石の程度も軽く、比較的簡単に取れますが、歯周病が中程度以上に進行している場合は、ほとんどの場合歯ぐきの中にも歯石がこびりついています。その場合は、麻酔を使用し、歯石を徹底的に除去します。

ポータブルレントゲン

歯磨き指導

歯周病治療に於いて、歯磨きは治療です。治療としての歯磨き方法を指導させていただきます。お口の中は人それぞれ、歯並びも歯ぐきの状態も違います。患者様1人1人のお口の状態、特徴を見極め、最も有効な、治療効果の上がるブラッシング方法を提案します。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *